FC2ブログ
 

Ra-barugen

barugenのラーメン日記
[60pt] 厚切り叉焼油そば+叉焼飯(800円+200円)


高尾山を登った帰りに適当なラーメン屋が見つからなかったので、通いなれたとんびへ。これまで食べたことが無い、限定の油そばを注文してみました。この日は珍しく満席。

「厚切り叉焼」と銘打ってるだけあって、二郎並のどでかい炙り叉焼がドドンと乗せられています。とりあえずよくかき混ぜて油そばを一口・・・んん?魚肉ソーセージの味がする?何かの風味と何かの風味が合わさったのかもしれませんが、魚肉ソーセージぽい、ちょっと生臭い香りが。うーむ、一つ一つの具は美味しいながら、ちょっとメインの油そばはイマイチでした。叉焼飯はいつもどおりのボリュームと美味しさ。

こちらの店では素直にラーメンかつけ麺をオススメします。
スポンサーサイト



[70pt] 油そば+ミニスタ丼(550円+350円)


バイト帰り、夕飯を作るのが面倒で入店。おっ。新しいメニューが出来てる。スタミナ丼・・・580円。高い・・・と思ったらミニもある。油そばに、このミニスタミナ丼をつけて注文しました。

油そばは相変わらずさっぱりしています。やっぱり宝華に似てる気がする。植物性油を使ってる感じがします。

スタ丼はいわゆる、多摩や高田馬場で展開してる「すた丼」グループの味に近い感じ。というかパクリ?辛めに味付けた豚肉に卵をかけたもの。腹にはたまりますが、味はそれほどでも。

スタ丼は期待したほどでは無かったですね。バイト帰りの定番になりつつあるので、美味しい丼モノだったらめっけものだと思ったんですが。ここは新メニューの開発に熱心なので、次に期待。
[68pt] チャーシュー油そば(950円)


油そばのもう一つの発祥店とされるこちらの店。一度行ってみたいと思ってましたが、日曜定休日ということでやっと初訪問。16時閉店間際に入店し、チャーシュー油そばを注文しました。

チャーシューが大量に載った割と衝撃的なビジュアル。肉は固めの部位が多く、あまり美味しくはなかったです。ボリュームは凄く有りましたが。麺は中太麺。もう一つの期限とされる宝華とは違い、かなりこってりした味付けです、動物性の脂がかなり多めに入ってます。アンモニア臭も少々。

不味くは無いんですが、そこまで美味しいということもない感じ。元祖よりもやはり、改良を重ねた弟子のほうが美味かったりするのかも知れませんね。
[71pt] キムチ宝そばセット


ここのチャーハンがどうしても食べたくなって、一路東小金井へ。相変わらず夕方でも混んでいて活気があります。いい店だ。

ここに来るまでは、「チャーハン単品で食おう」と思ってたんですが、ついついラーメンマニアのサガで麺類も注文してしまいました。

まずチャーハンが出される。やはりここのチャーハンはシンプルイズベストといった感じで、ただただ美味い。

キムチ宝そばは、イメージと違って、キムチが一面を覆いつくすように乗ってました。つかりすぎておらず、適度な酸味がある美味いキムチ。しかし、混ぜてみると、チャーシューが無い。この店はあのチャーシューが美味いのに。店員に聞いてみると、

「キムチそばには入らないんですよね」

とのこと。それで+120円はちょっと高い。とりあえずラー油をかけて間食しましたが、キムチの味一色になっちゃいましたね。

次は絶対、五目チャーハン食べます。ここじゃ書けないですけど。
[79pt] 油そば+味玉(550円+100円)


最近、バイト帰りの定番となっているこちら。先日食べ損ねた油そばを食べるために行きました。油そばはスープ付きで550円と、かなり安い。しかも学生サービスで大盛無料になるのも嬉しいです。

油そばは、宝華@東小金井のそれに近い感じで、あっさり目。具はメンマ、カイワレ、ネギ。チャーシューがないのはちょっと寂しいですが、値段が安いのでしょうがないかな。麺は中細で他のメニューと共通です。自家製のラー油を掛けると味が締まりますね。

そして友達が美味いといってたのが、この付け合せのスープに油そばをつけて食べるというもの。塩気は薄いものの、濃度は十分にあるので試して見ました。やはり味は薄いけれど、中々面白い味に。これって石神氏の言うところのWテイストって奴になるんですかね。

550円で結構満足できました。
[70pt] 油麺+大盛+にゃんたま(600円+100円+200円)


油そばが無性に食べたくなり、バイト帰りに「そらまめ」に行くも、禁煙席が全部埋まっていた。そのため、江川亭へ。西調布駅前に移ってから、油そばを始めたらしい。調布駅の北口から引っ越してから行くのは初めて。前の場所では灰皿が無かったので大丈夫だろう、ということでこちらへ。

が、しかし灰皿はあった。時間的に他に開いてる店もなさそうなので、諦めて食券を購入。

油麺はきわめて王道なスタイル。ちょっと麺が臭いのもご愛嬌かな。いわゆる江川亭の味とは違って、ニンニクはあまり効いてません。普通に美味しい油そばだなと。ただちょっと物足りないのでラー油で味を変えてみる。中々これもいい。具はもやし、ネギ、味玉、チャーシュー。チャーシューは相変わらず美味くない。

「にゃんたま」は、いわゆる猫マンマ。ご飯に鰹節と卵が乗っていて、醤油をかけて食べる感じ。これもちょっと物足りないメニュー。200円はちょっと高いかな。チャーシューがうまくなくてもいいのでチャーシュー丼の類が欲しいところ。

とりあえず禁煙ではないこと以外は割りと使えそうな店。近所なのでお世話になることも多そうだ。
[74pt] 宝そばセット(830円)


今日は何だか新しい店を開拓したい気分。サイクリングがてら未体験の店探し。しかし、自転車でいける距離で、なおかつ禁煙な有名店はほとんど行きつくしてしまったので、ピンと来る店が見つからず。そこでラーメン本をめくっていて見つけたのが「宝華」。武蔵野~小金井あたりの地域を発祥とされる「油そば」。その中でも珍珍亭と共に発祥の店の一つとされるのがこちらの店。しかもどうやら禁煙らしい。と言うわけでひとっ走り北風の中、東小金井に行って来ました。

東小金井駅からすぐ。目の前といっていい場所に有ります。夕方4時という半端な時間にも拘らず、店内は結構な人。ラーメン屋というよりは街の中華料理屋といった雰囲気です。そして店の中に入ると店員さんの多いこと。10人以上いる店員さんが凄い活気でラーメンやチャーハンを作っています。カウンターには「絶対禁煙!」の文字。こういった活気のある中華屋は苦手だったんですが、それは禁煙の店がまずないから。そうでなければこの活気は逆に心地が良いですね。メニューの筆頭にあった「宝そばセット」を注文しました。宝そばセットは、油そばである「宝そば」に+200円で半チャーハンが付くメニュー。

宝そばは「ぶぶか」などで油そばに対するイメージが固まっていると結構戸惑うかもしれません。油そばにしてはそれなりに汁が入っているからです。「ぶぶか」的油そばと、一般のラーメンの中間のような感じですね。具は、かいわれ・ネギ・メンマ・チャーシュー。チャーシューはブロック状ですが、大きめ。それでいて柔らかく美味しかったです。特別、インパクトのある味ではありませんが、歴史を感じる味といった感じ。卵の風味をかなり感じたんですが、それは麺からなのか、それともタレに卵黄が混ざっているのかは解りませんでした。色々なところでいわれていますが、一般の油そばよりもかなりあっさりしています。植物性の油を使っているからだとか。

チャーハンは半とはいいつつ、普通の中華屋の一人前はあります。白胡椒の効いた、卵とネギのみで作ったシンプルなチャーハンです。作りたてを目の前で出してくれるので、出来立てで美味しいです。しかしこれで半だと、普通のチャーハンはどれだけあるんだろう・・・と思ったら、目の前で作っていました。山盛りでした。

宝そばのみの味では、満足!とまでは行きませんでしたが、店を出るときには満足感がありました。総合的にいい店だと思います。また来たいですね。