FC2ブログ
 

Ra-barugen

barugenのラーメン日記
[42pt] チャーシューメン+替え玉(750円+150円)


パラパラと石神本をめくっていたら、宿河原に美味い店があるという。宿河原といえば、いつもサイクリングで通ってるあたり。雲が出てきて涼しくなったので、サイクリングがてら行ってみることに。

店は宿河原駅近く、府中街道沿いにあります。実に昔ながら、という感じの店構え。店の中も同じくかなり歴史がある印象を受けます。なんでも創業30年目とか。店の中は冷房がついてるにはついてるがほとんど効いていなく、蒸し暑い・・・サイクリング後にはちょっとキツイ気温だ。

こちらはちゃんぽんと博多ラーメンの二本柱でやってるらしい。石神本で見たチャーシューメンが実に美味そうだったのでチャーシューメンを注文。目の前にはお爺さんがいたわけですが、おばちゃんが注文に応える。こちらのおばちゃんが主に調理を担当してるらしい。しかし、待ってる間に他の人がちゃんぽんを頼んでいたけど、そちらも美味そうだ・・・。やはりちゃんぽんを店名に掲げている以上、そっちを頼んだほうが良かっただろうか。

出されたラーメンにはチャーシューがたっぷり6枚。そこにネギとメンマ、ごまが振りかけられている。まずはスープを飲んでみる。博多というからドロドロのものかと思いきや、サラサラとしてサッパリめのスープ。ただ豚骨の味はしっかりと出ており、独特の風味もある。というか、多分こういうのが本当の博多ラーメンなんじゃないかと思う。麺は固めのストレート細麺。

チャーシューは思ったとおりトロトロで非常に美味しい。+250円でこれだけ乗っていれば納得。メンマの味付けは結構濃い目。

替え玉は150円と少々高い。が、結構量はあった。スープがそこまで濃くは無いので、替え玉にすると薄くなってしまうのが難点といえば難点。


ここまでは概ね満足だったわけですが・・・何か臭ってくる。臭いの方向を見ると、お爺さん店員がタバコを吸っていたた。あちゃー。最も店の雰囲気からするとそれも目をつぶるべきかと思いましたが・・・やっぱり駄目なものは駄目というわけで大幅に減点。これがなければ80pt~85ptの味です。

ただタバコの件があったら通常二度と行かないんですが・・・この店に限っては「ちゃんぽんも是非食べたい」という思いは消えず。今度はちゃんぽんを食べに来てみたいと思います。今度は吸わないで下さいよ、店員さん(笑)
スポンサーサイト



[69pt] 鶏らーめん


GWということで、普段行かない場所へ行ってみることに。厚木に住んでる友達の家に行ったことがないな、と思い出して厚木へ。そして厚木といったら本丸亭ということで行ってみました。時間は14時半。空いてるだろうな~・・・と思ったら大行列。やはり休日の人気店は並ぶんですね・・・。

待っている間に鶏らーめんを注文することに決定。そして待つこと約30分で入店。

ということで、チャーシューが鶏になってますが、ちょっと鶏くささが目立つような。あとは基本的に川崎で食べたラーメンと一緒という感じでした。これで800円+はちょっと高いかなと。30分並んだにしては、という感じはあります。

どこかの雑誌のランキングによると、この店は部門数年連続ナンバー1だったと記憶してますが、今はもっと美味しい店がある気はします。
[80pt] 小ラーメン(麺少な目)ヤサイニンニク


休日は良く多摩川のサイクリングロードを走ってるわけですが、その途中に二郎系があると聞きつけ、さっそく行ってみました。土曜日の14時過ぎという半端な時間ながら、店内はほぼ満席。かなりレトロな食券機で食券を購入して中に入ります。店はお世辞にも綺麗とはいえませんね・・・あまり綺麗ではない店が多い二郎系の中でも、吉祥寺の生郎に次ぐくらいの汚さのような。

「並の麺ってどれくらいですか?」と聞くと「360g」とのお答え。普通の二郎でも200ちょっとだったような気がするんですが・・・。ビビってしまったため、麺少なめで注文しました。それでも270g。通常の二郎の量と変わりません。

そして目の前に出てきたのはもやしの山。キャベツはほとんど入ってません。・・・すごいな。麺は普通の二郎よりもさらに太く、荒々しい極太麺。すするというより噛みしめて食べる感じ。スープも美味いです。脂の量も適度で食べやすい味。豚もこのもやしの下に隠れてます。

量、見た目の迫力共にすごいですが、それ以外の魅力も確かにありますね。ただ店員さんは非常に無愛想ですが。今度は魚粉入りのメニューを食べてみたいと思います。
[79pt] 本丸らー麺


本命企業の最終面接の帰りに寄りました。なぜか面接が午前中だったので、開店してすぐに入店。結構混んでますね。とりあえず定番と思われるを注文。

値段は割と高めだな、と感じたんですがこれだけ厚切りのチャーシューが2枚と、ワンタンが入ってればそこまで割高感もないかなと。麺は手打ち風?の麺。春菊がさわやかな香りを添えてます。スープは絶賛されるほどではないな、と思うものの美味しかったです。
[84pt] マンモスラーメン2(750円)


鹿島田でOB訪問。4月の初めで「ポクチン」が閉店するという情報を聞いていたため、せっかくなので近場の日吉によることに。日吉には友達が何人か居るものの、全員忙しいらしく会えなかった。

ポクチンは開店当時から日吉に住む友達に評判を聞いていたものの、2年近く来ることが出来ず。ずっと行きたかった店のひとつだったんですが、閉店間近ということで思い切って来て見ました。想像より狭い店内。ユニークなマンモスの看板が目印です。

何を注文しようか迷いましたが、一番お勧めらしい「マンモスラーメン2」にすることにしました。どんなメニューだかまったく調査せずに行ったので、どんなのが出てくるのか楽しみ。

目の前に出されたのは原始人が使っていそうな器。石焼ビビンバの器のようなもので、そこにこんもりと盛り付けられたラーメンと焼き石が入ってます。ほ~こりゃ見た目からインパクトが大きい。焼き石の上には肉味噌のようなものがのっており、これが焦げてかぐわしい香りを出しています。これは海老の香りですね。他には胡椒であえられたタマネギや、もやし。たっぷりと乗ったチャーシュー。どの具も美味しく、二郎的なジャンキーさというより、普通のラーメンとして美味しいと思います。二郎(インスパイア含む)は、食べることに集中してしまって味わう余裕がないんですけど、これは味わって食べたくなります。

麺の量は270gほど。通常の二郎と同等か少なめくらいなので余裕を持って食べられました。美味かったです。これで閉店しちゃうのは惜しい・・・。他のメニューもかなり多いみたいなので是非食べてみたいものです。復活してくることを願います。
[86pt] 鶏そば+メンマ飯
PAP_0317.jpg

さて、とりあえずラーメン記録を書き溜める場所としてここを開設してみた。一発目は横浜の浜虎。

鎌倉帰りに横浜で夕食を食べることに。連れの友達が「家系は嫌だ」というのでラーメン本を見る限りあっさりしてそうなこちらへ行くことになった。17時ちょっと前に到着。すでに店の前には待ち客が。鶏そばとメンマ飯を注文しました。カウンターにある団扇やポップのイラストが印象的。いったい誰が書いてるんだろう?

ラーメンが出てきてまず目を引かれたのはスープ。黄金色のきれいなスープです。麺は極太の縮れ麺。これだけ太くて縮れてるのは珍しい。食べ応えのある麺でした。チャーシューは鶏のようで、小ぶりのものが二枚。こちらは特筆すべきことはないかな。他に水菜、味玉、メンマ、海苔が乗っています。

メンマ飯はその名の通りメンマが沢山と、チャーシューのぶつ切りが乗ったご飯物。値段相応といった感じ。なかなか美味しいですね。

腹が減っていたのもあったけど、鎌倉で食った昼飯の酷さを補って有り余る一品でした。