FC2ブログ
 

Ra-barugen

barugenのラーメン日記
[88pt] つけ麺中盛+味玉+赤ネギ


今日は友達と下町旅行。といっても浅草まで来たので、ついでにずっと行きたかったこちらの「多麺多」へ来ただけですが。JR亀戸駅の南口を出てすぐ左手にあります。こんな近くにあるとはわからなくて、かなり遠回りしました。

こちらの店はなんでも、王子の「みの麺多」のアジアンさんが独立した店だとか。表向きは「王子の店とは関係有りません」とのことですが、店の内装からメニュー、卓上の調味料などに至るまで全てがほぼ同じ。極めつけは、壁に貼ってあるスープと麺の能書きまで同じ。だけど店員さんに関係を聞くと「無い!」と断言されるそうで。以前、「みの麺多」の店主・海老沢氏がテレビに取材されたときに「みのもんたさんとは一切関係ありません」と、わざとらしくとぼけていたことを思い出します。どうも麺多には「とぼける」文化があるようです。

入り口前には食券機があり、「みの麺多」でいつも頼んでいるメニューを注文。基本的にメニューは「みの麺多」と同一ですが、一品モノのメニューが色々あります。他に気になるのは「極太麺」。お金を入れても点灯しなく注文は出来なかったんですが、つけ麺の麺が極麺王みたいになるんでしょうか・・・次は是非注文したいです。

残念なことに店員は男のアジア系の方で、ここの店主?であろうアジアンおばさんは不在。久々に「イラサイマセー」を聞かせて欲しかっただけにちょっと残念。そして数分待ってつけ麺登場。ビジュアルは完全に「みの麺多」のそれ。関係ないと言い張るには無理がある(笑)

麺。麺多の最大のポイントと言えば麺ですが、本家に及ばないまでも高い再現率です。「みの麺多」よりは若干薄めの平打ち麺。多少柔らかめにゆでられており、かなり冷たく締められています。

つけ汁。味は酸味が本家よりちょっと薄めかな。背油が浮いてたりするなど、基本的な味は一緒です。底にひき肉が沈んでいるのも同じ。ただ、かなりスープがぬるめな上に麺が冷たいので、一回麺をつけただけで恐ろしくぬるくなったのはマイナス。一緒に行った友達は「坦々麺みたい」と言ってましたが、そういえばそんな感じもするかもしれない。

具。食べ進んでいくうちに気づいたんですが、チャーシューが入ってない。店員さんに「あのー、チャーシューが入って無いんですけど・・・」というと「すいません!」といいつつ別皿でチャーシューを出してくれました。友達のにも入ってなかったので、二人で6枚。「ちょっと多めにしておきました」という店員さん。チャーシューは本家よりも実が詰まっている感じで、藍嶌や誠屋に近い感じ。厚めに切られていて、適度な脂身で美味しい。本家の弱点はチャーシューにあったと思うのでこれは良い。味玉は中身がトロトロで味も良い具合。具は基本的に本家より優秀ですね。赤ネギも若干多めに乗せてくれます。

スープ割り。麺多特有の動物ダシと野菜の味がたっぷり出た優しい味わい。うまい。温かったつけ汁の温度も元に戻ってよかったです。

全体的にはまさに「麺多」と言った感じ。ただ、具は本家よりいいと思える部分があるものの、麺とつけ汁はもうひとつかなと。聞くところによると、本家の味もアジアンさん離脱により落ちてきている模様。どちらも「麺多」なだけに、頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する