Ra-barugen

barugenのラーメン日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[80pt] 炙りチャーシューカレーチーズラーメン


某DBにレビューがあがってるのを見て久々にあの炙りチャーシューが食べたくなってこちらへ。元々はカレー屋ですが、隣の隣が二郎でして対抗したのか去年ラーメンとつけ麺を始めたこの店。以前つけ麺を食べたんですが、カレー屋のものとは思えないほど完成度の高いつけ麺で驚きました。今回はラーメンの方に挑戦。今日はミニどん兵衛を食べただけなのでかなり空腹。麺大盛で注文しました。しかしこれがこの後後悔を生むことに・・・。

目の前にはまず皿が出される。あれ?カレーは注文してないのに・・・と思ったら、その上にスープがなみなみと入ったラーメンが。なるほど、汁がこぼれてもいいようにということですか。こんなのやってるのは田園調布の麺でると、一部の二郎系くらい。スープは油で覆われており、見るからに熱そう。

ここのラーメン、下からスープ、麺、野菜炒め、チーズの4層構造となっており、さらに炙りチャーシューと揚げ卵、刻み海苔が乗るという構成。その聳え立つ様子は、まさに二郎を彷彿とさせます・・・。炙りチャーシューははっきりいってかなり美味いです。この近辺では「きら星」「とんび」が炙りチャーシューを出してますが、ここが一番美味いんじゃないでしょうか。揚げ卵は中は半熟です。池袋の二天以来です、これを見るのは。刻み海苔はちょっと合いませんね。野菜炒めは二郎よろしくキャベツともやしです。

キャベツともやしを攻略するとやっと麺が現れます。量は250~300gといったところ。スープはさすがカレー専門店といったところですが、そこまでカレー一色というわけではなく、ちゃんと動物系のダシが効いてます。このスープにチーズは合わなくもないんですが、無くてもいいかな。

しかもこのメニュー、ラーメンだけで恐ろしい量なのに更にご飯がつきます。炙りチャーシューとスープで、スープカレー状にして食べると馬かったです。

結局、麺は全て食べきれずギブアップ。この寒いのに汗だくで帰り道を帰りました。ここ一年で麺を完食できなかったのは仙川二郎とここだけ。恐るべし、仙川。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。