FC2ブログ
 

Ra-barugen

barugenのラーメン日記
[68pt] つけ麺中盛+餃子


明日から関西旅行に行くため、〆のサイクリング。目的は府中市場の中にある「ぶん豚」って店だったんですが、8月末で閉店。ほんとこんなのばっかり。

となると府中市内での最近の定番は山賊。通し営業なのが嬉しい。壁を見ると夏限定のつけ麺があるらしいので、それを注文。今回注文しないと機会がなさそうなので。

つけ汁は普通のラーメンと味は同じで酸味などは無し。ただ、タレの味だけが強くなってますが、これだけで結構バランスが崩れます。麺の量も特に増えることは無く、量的にもちょっと不満が。ただスープ割りは、今度はスープの比率が増えてスープの味をよく味わえたのは良かったかもしれません。餃子は肉汁たっぷりで美味しい。値段相応の味です。

やはりこの店はラーメンのノーマルがバランス的には一番優れてる気がしますね。
スポンサーサイト



[82pt] ラーメン(ニンニクヤサイカラメ)


友達が「名古屋の喫茶マウンテンは凄いぞ!」とかいうので、ラーメンのマウンテン・二郎に彼を連れて行くことにした。彼は4年も調布に住んでるのに二郎へ行った事が無いというので有無を言わさずに(笑)一年半ぶりと、結構久しぶり。

7時ごろの到着で満席だが行列はなし。平日だと割りと空いてますな。最近胃が小さくなってるので小豚ではなく普通のラーメンを注文。コールはニンニクヤサイカラメで。

通常ラーメンですが、豚はゴロゴロと三個。脂身がいい具合に抜けてて美味いです。野菜はやや少なめですが、麺はここの店は滅茶苦茶多いですね。前回大盛を頼んで死に掛けた記憶が思い出されました。野菜が少ないので麺を最初から豪快にかきこむ。美味い。タレの掛かった野菜の美味さが最近わかってきました。

しかし前回の府中二郎から二週間という短いインターバル。次の二郎はもっと間を空けよう・・・。
[74pt] つけ麺中盛(700円)


これほど立地がわかりにくい店に出会ったことが無い。最寄り駅は池袋ってことになってますが、結構離れた住宅街の真ん中にあり、かなり解りにくい場所にあります。看板も石で作ったオブジェで、ちょっと油断すると通り過ぎちゃいます。

オープン時間が5時ってことで5時15分に行ったんですが暗い。嫌な予感がして店の前まで行ってみると・・・「6時にオープンします」。ラーメン屋は勝手な都合でこういう事をすることが多い気がする。勘弁して欲しいです。下手に時間つぶしに行くと戻ってこられなくなりそうだったので、仕方なく45分店の前で待ちました。6時になるころには大行列に。

ようやく入店すると、鼻を突く臭い。タバコだ。店内は全面禁煙のはずなのに、何でだろう。注文はつけ麺の中盛り。味玉は昼の部で売り切れだそうです。

てっきり六厘舎とかあの辺りの味が出てくるものと予想してたんですが、割と違うものが出てきました。つけ汁は酸味が強めで、魚介と動物では動物が強い感じのもの。同じく池袋の灰汁美に似ている気がします。個人的には苦手なタイプ。麺はコシがかなり強く、アゴが疲れるほど。量は350g。

味的にはレベルの高さを感じるんですが、どうも苦手なタイプのつけ汁と麺でした。という訳で点数はこんな感じ。
[87pt] つけ麺+チャーシュー飯(700円+300円)


近頃長距離サイクリングが趣味なわけですが、今回は池袋まで来て見ました。本来の目的は「まるきゅう」の鶏白湯だったわけですが、目の前で売り切れ。ほんと最近目的の店で食えたためしがない。そこで今までハズレが無くて営業時間も長いこちらへ。腹が減っていたのでつけ麺にチャーシュー丼をつけて注文しました。

まずはチャーシュー丼から登場。炙られた角切りのチャーシューが乗せられており、美味しい。300円でこれだけ手間が掛かっているとは頑張ってます。

つけ麺。ここは麺の見た目が凄く綺麗なんですよね。ツヤツヤしていて、実に美味そう。滑らかという言葉が似合う麺です。量は300g弱といったところでしょうか。つけ汁は最近流行りのドロドロではなく、適度な濃度の豚骨魚介スープ。安心できるバランスです。これくらいが丁度いい気もするんですが、インパクトを求めるとドロドロにせざるを得ないんでしょう。チャーシューとメンマは食べづらいサイズですが、味は及第点。

初めて行ってからもう3~4年経ちますが、味が落ちないのは素晴らしいですね。
[89pt] 太麺+ネギ飯(600円+250円)


コルピクラーニというメタルバンドがある。彼らの来日記念サイン会に行った帰り、久々に「アイバンラーメン」にいきたくなって芦花公園で下車。時間は9時ごろということで十分やってると思ったんですが・・・売り切れ。最近テレビとかにも良く出てるようだし、店じまいは割りと早いようです。

仕方ないので誠屋まで一駅分歩く。よかった、こちらはやってた。いつ行ってもやっている店ってのはありがたいものです。店内に入るも満席。9時過ぎでこれとは・・・。

いつも細麺なのでたまには太麺を、ということで太麺注文。以前、一度だけこの店で太麺を食べたことはあったんですが、豚骨が強すぎてイマイチだった覚えがあります。が、今回は豚骨の強さもクリーミーさも実に丁度良い出来。ほうれん草も相まって正に家系の味という感じ。海苔が一舞なのは少々寂しいですが、十分に満足させてくれる一杯でした。
[88pt] 味玉つけ麺()+大盛+五穀米らいす(700円+50円+100円)


高校の友人が近くまで来ているので会わないか、とのことだったのでこちらへ。何気にかなり久しぶり。あれだけ好きだった藍嶌ですが、大盛50円の値上げがかなり心理的障壁になってる感じです。注文はお決まりのメニューで。

スープの辛さは安定している感じで実にするすると麺が胃に入っていく。メンマ、チャーシューといった具を渾然一体に麺とかきこむ幸せ。今回特筆すべきはチャーシュー。藍嶌のチャーシューは当たりはずれが大きいんですが、今日は大当たり。滅茶苦茶美味い。これなら特製らーめんにしておくべきだった・・・。

折角の友人との久々の再会なので話し込もうと思ったら7時半という時間でスープ切れ。客が自分ら一組になってしまったので早々に店を出ました。それにしても7時半で閉店は早いっすね。何とかしてもらいたい。
[80pt] 担々麺+ザーサイ(850円+80円)


かつてこれほど時間を掛けてラーメンを食べにいった事があっただろうか?

自転車を新調してから初の遠出ということで、多摩の奥地のラーメンめぐりに行くことに。まず目的地として設定したのはこの「杉山」。大分前にラーメン本で見てからずっと行ってみたいと思いつつも遠くていけなかった店。駅からなんと徒歩35分である。それならチャリで行こうではないかと。

ただ折角の遠出で一杯しか食べないのは勿体無いので、東京の最も西にある激戦区「秋川」で最初の一杯を食べようと思って行って見るも「太公望」「池谷精肉店」「特一富屋」全てに振られる。結局何も食わないまま、こちらの店にたどり着いた。ここまで臨時休業だったらどうしようかと思ったけど、やってて良かったです。

メニューは基本的に2種類のみ。担々麺とその冷やし版。この僻地とも言うべき立地でこのメニュー。どれだけ自信があるかが伺えるというものです。もちろん温かいほうの担々麺を注文。

「サービスでライスがつきますがどうしますか?」と言われたのでもちろん頼みました。


担々麺は想像していたよりも凄く大きい器で出てきました。高田馬場の二代目けいすけくらいの大きさはありそう。蓮華もバカでかいです。そして見た目も衝撃的。赤と白のコントラストが美しいスープの上に浮かぶローストされた海老。

スープを一口飲んでみると、そこまで辛くは無い。ゴマの味の裏に海老のダシを感じます。美味い。麺は米でも練りこんであるのか、かなり透明度が高く柔らかい細麺。ちょっとこれは好みではなかったかな。さすがに柔らかすぎる。

具は少量の肉そぼろ、モヤシ、キクラゲ、ネギ、パクチー、ロースト海老。パクチーは嫌いではないんですが、このスープに合うかは少々疑問。ロースト海老はカリカリに焼き上げられており、非常に美味い。スープと一緒に食べるとまた楽しむことが出来ます。この海老を追加注文できたらいいのになぁ・・・。

麺を食べ終わったら店の流儀にのっとり、ご飯をスープに投入。正直な話、麺よりもこっちのほうが美味いかもしれない(笑)この店ではスープが主役ってことなんでしょうか。

そして食べ終わるタイミングを見計らって杏仁豆腐とジャスミン茶。杏仁豆腐に乗っているキウイの砂糖漬けが美味しい。


850円という割と強気な値段ですが、ライスと杏仁豆腐とジャスミン茶付きなのでそこまで割高感はありませんでした。やはりこの立地で商売が成り立ってるのはさすがってことでしょうか。適度な満足感とともに青梅を後にしました。
[69pt] 特製濃厚豚骨らーめん+豚トロ丼(800円+150円)


今日は渋谷でメタルバンドkorpiklaaniのライブ。凄くライブは盛り上がったがその分、空腹も凄く。渋谷クアトロの目の前にあったこの店に入店。

竈@空海という名前から、竈と空海のいい所取りをしたメニューがあるのかと思いきや、ほとんどはそれぞれの店のメニュー。一応数少ないコラボメニューらしい「特製濃厚豚骨らーめん」を注文。折角なのでサイドメニューのミニご飯を注文してみた。ミニご飯は日替わりらしく2種類から選べる模様。今回は豚トロ丼を選びました。

まずは豚トロ丼から出される。普段ならラーメンを食べてからご飯ものを食べると決めてるんですが、今回は非常に腹が減っていたのでこちらから食べました。豚トロが4枚、刻まれた水菜が乗っており、味付けは胡椒。これは150円にしてはボリュームがあっておいしかった。空海の丼モノは高い気がしたけど、これはいいですね。

続いてラーメン。スープは濃厚と歌ってますが、それほどではありません。ちょっと濃い目の塩豚骨スープ。スープ自体にはクセはなく(というかなさ過ぎて印象に全く残らない)、二郎のように大きめの背脂が浮いてます。そこにモヤシ、揚げニンニク、揚げネギが乗るというスタイル。燻製にされたチャーシューも乗ってますが、これはイマイチ。実は竈のメニューって食べるのは初めてですが、これはちょっと香りがきついかな。チャーシュー自体の味は悪くないだけに残念。

スープが全く当たり障りの無い反面食べやすかったですが、800円という値段を考えると少々疑問。この値段設定の高さは空海に由来してるんでしょうか(笑)コストパフォーマンスを考えるとこの点数です。
[76pt] チャーシュー麺大盛(1000円)

マウンテンバイクを駆り、いざ青梅の「坦々麺杉山」へ!天気も曇りでいい感じだ・・・と思っていたらすぐに晴れはじめ、日差しが容赦なく降り注ぎ立川で力尽きました。とにかく休みたかったので、近くにあったこちらへ。もう3年ぶりくらいでかなり久々の訪問となります。

入り口の食券機で「チャーシュー麺大盛」を購入。町田の「勇次」とのコラボメニューらしい「うにラーメン」も気になったけど、どうやら売ってないらしく断念。

店内は相変わらず真っ暗。さすがにこれじゃ写真は取れないな・・・。暗闇の中、唯一光に照らされた厨房には有名な町田店主が。前に来た時はいなかった気がするんですが、今日はちゃんと作っておられましたね。名物湯切り「華厳の滝」も拝むことが出来ました。

チャーシュー麺はチャーシュー4枚に太めのメンマが2つ、ネギ、三つ葉。1000円にしては少々寂しいかな・・・。スープは鶏のダシを強く感じるやさしめの味付け。昨日の賓むらほどではないですが、ぐんぐん飲み進められるスープですね。麺はうどんっぽい平打ち麺。このスープに平打ち・・・ちなりを思い出す。

チャーシューは独特の燻製のような風味が。脂身は少なめで美味しいけどもう少し厚みがほしいかな。チャーシュー麺なのに薄いのが4枚はちょっと寂しい。三つ葉のさわやかさはスープとは合ってる気がしました。ネギを使わなかったのは正解でしょう。


普通に美味しいラーメンですが、高い値段設定の割りにはあまり満足は出来ず。次は・・・また三年後かな(笑)
[79pt] 味玉ラーメン+チャーシューご飯(800円+250円)


AllAboutで大崎さんがオススメしていたので訪問。秋葉原駅からは結構遠く、御茶ノ水との中間くらいに位置しています。ちなみに店名の読み方は「ひんむら」。

ここの店の禁煙区分は少々変わってます。テーブル×4とカウンター×8くらいの席数ですが、カウンター半分とテーブル×4は禁煙席となっており、またお昼時は全面禁煙だそうで。そんなややこしくするなら全面禁煙にしてしまえば、とも思うんですが・・・。

店のコンセプトは「懐かしの中華そば」だそうで、店内は昭和を思わせるポスターや写真などが張ってあり、独特な雰囲気を醸し出してます。腹が減っていたのでガッツリ食べようと思い、味玉ラーメンとチャーーシューご飯を食券購入。

まずはチャーシューご飯が提供されたんですが、これは完全にチャーシュー入りの炊き込みご飯。うーん、チャーシューを炊き込みご飯にすると見事に味が抜け切っちゃってスカスカになっちゃうんですよね。ここもご他聞にもれず・・・といったところ。普通のチャーシュー丼を期待してただけにこれはちょっと残念。

ラーメンは見た目が綺麗。味も良い。インパクトがあるわけではないものの、実にやさしくてじんわりと来るスープ。久々に全部飲み干してしまったほど。最近は飲まないことにしてたんですが。具もそれぞれ丁寧な仕事を感じました。麺は細く、若干縮れてます。

懐かし~コンセプトにも関わらず、古臭いということはなく十分に楽しめました。
[42pt] チャーシューメン+替え玉(750円+150円)


パラパラと石神本をめくっていたら、宿河原に美味い店があるという。宿河原といえば、いつもサイクリングで通ってるあたり。雲が出てきて涼しくなったので、サイクリングがてら行ってみることに。

店は宿河原駅近く、府中街道沿いにあります。実に昔ながら、という感じの店構え。店の中も同じくかなり歴史がある印象を受けます。なんでも創業30年目とか。店の中は冷房がついてるにはついてるがほとんど効いていなく、蒸し暑い・・・サイクリング後にはちょっとキツイ気温だ。

こちらはちゃんぽんと博多ラーメンの二本柱でやってるらしい。石神本で見たチャーシューメンが実に美味そうだったのでチャーシューメンを注文。目の前にはお爺さんがいたわけですが、おばちゃんが注文に応える。こちらのおばちゃんが主に調理を担当してるらしい。しかし、待ってる間に他の人がちゃんぽんを頼んでいたけど、そちらも美味そうだ・・・。やはりちゃんぽんを店名に掲げている以上、そっちを頼んだほうが良かっただろうか。

出されたラーメンにはチャーシューがたっぷり6枚。そこにネギとメンマ、ごまが振りかけられている。まずはスープを飲んでみる。博多というからドロドロのものかと思いきや、サラサラとしてサッパリめのスープ。ただ豚骨の味はしっかりと出ており、独特の風味もある。というか、多分こういうのが本当の博多ラーメンなんじゃないかと思う。麺は固めのストレート細麺。

チャーシューは思ったとおりトロトロで非常に美味しい。+250円でこれだけ乗っていれば納得。メンマの味付けは結構濃い目。

替え玉は150円と少々高い。が、結構量はあった。スープがそこまで濃くは無いので、替え玉にすると薄くなってしまうのが難点といえば難点。


ここまでは概ね満足だったわけですが・・・何か臭ってくる。臭いの方向を見ると、お爺さん店員がタバコを吸っていたた。あちゃー。最も店の雰囲気からするとそれも目をつぶるべきかと思いましたが・・・やっぱり駄目なものは駄目というわけで大幅に減点。これがなければ80pt~85ptの味です。

ただタバコの件があったら通常二度と行かないんですが・・・この店に限っては「ちゃんぽんも是非食べたい」という思いは消えず。今度はちゃんぽんを食べに来てみたいと思います。今度は吸わないで下さいよ、店員さん(笑)
[85pt] ランチセット+ラフテー(700+200円)


マウンテンバイクを購入。はじめての遠出ということで当ても無くブラブラと流していたら経堂のあたりに。そういえば百麺って食べたこと無いなと思い出し、こちらに来ました。東京農大の目の前にあります。

東京農大の知り合いは何人もいますが、いずれもこの店のファンでした。なんでも豚骨臭が凄くて大学の中まで漂ってくるとか・・・(笑)早稲田における「メルシー」、慶応における「二郎」的な存在がこの店であるようです。ちなみにここの売り上げはもの凄いと、某ラーメンコンサルタントがいってた気がします。

店に入る前から噂の凄い豚骨臭。これは期待できそう。食券機で食券を買おうとすると、ちょっと驚きました。誠屋@八幡山とほとんどメニュー構成も見た目も同じ。誠屋は百麺出身なので当然といえば当然かもしれませんが、ここまでそのまんまだとは。

迷った末、誠屋でいつも頼んでいる細麺(630円)に、ランチセットのチャーシュー丼(70円)、そして誠屋にはないラフテー(沖縄風角煮)をトッピング。ランチセットは確か誠屋では100円だった気がするので若干安い?でも誠屋はラーメンが600円なので実質は同じか。

店内はかなり広い。席数も多い。学生の集団が来ても安心という感じだ。ちょっと驚いたのは子供連れが多いこと。正直こんな体に悪そうなラーメンを子供食べさせていいんだろうか(笑)

さて、ラーメンが出てきた。見た目は誠屋のそれと一緒。丼の色が違うくらいです。そして味もほとんど一緒(笑)ただし、誠屋がマイルドなのに対して、ここは豚骨がかなり強く、クセを感じる。どっちの店も豚骨強めなのは一緒ですが。また、チャーシューは誠屋よりは薄い。味付けも少々濃く感じた。ただ基本的には好きな味で美味しい。ラフテーは沖縄風というだけあって、和風とは違う味付け。なんとなくトッピングしてしまったけど、ちょっとこのスープには合わないかもしれない。200円で1個だけというのも少々悲しいですね。

チャーシュー丼も以下略。予想は付いていたけど、鰹節が掛けられた独特なチャーシューご飯。


それにしても誠屋がちらついた。よくぞここまで百麺をコピーしたものだと(笑)ただマイルド系が好きなので個人的には誠屋のほうが好みかな。

しかし大学の近くにこれだけガツンと来る美味いラーメン屋があるのはうらやましい。調布ってあっさり系ばかりなんだよなぁ・・・天神屋が調布に来るという噂があったときはかなり嬉しかったけど、それもなくなってしまったし。百麺か誠屋の支店が近くに欲しいです。
[74pt] つけ麺中盛+赤ネギ+味玉(780+100+70円)


久々の多麺多。前回は残念ながらアジアンおばさんに会えず。今回こそと胸をときめかせて入店!・・・またいなかった・・・残念!食券をアジアン「おじさん」に渡す。注文は「みの」でのいつもの注文メニュー。しかし食券機に豚タンなどの、おつまみメニューが増えてるのがちょっと気になる。若干路線変更?

麺。前回もコメントしたとおり、本家よりやや細い。良かった頃のみの麺多に比べて何か一つ足りない印象。あと、本家がプラスチックのザルなのに対し、こちらでは金ザルを使ってます。麺が痛みそう。

つけ汁も、何か味がボヤけてしまった感じがある。前回指摘した温さについては改善されていたけれども、味は悪くなってしまってます。弱かった酸味はさらに弱く。印象に残らない味になってしまっているというか・・・。ただ、スープ割りをするとやはり美味しい。となると悪いのはスープではなく、タレやその他の調味料の配合ってところでしょうか?

久々の麺多に期待して行っただけにちょっと残念な味でした。
[87pt] 味玉つけ麺大盛(900円)


最近話題の「吉左右」が目当てで木場まで来ました。・・・が、午後2時過ぎに関わらず25人待ち。さすが行列店。やはり休日に来るのは無謀でした。

朝から何も食べてなかったので並ぶ気力が無く、近場の「○心厨房(まごころちゅうぼう)」に伺いました。禁煙かどうか調べてなかったんですが、どうやら完全禁煙で安心。

「atomic salty」と名づけられた塩ラーメンも気になりましたが、今日は朝からつけ麺の気分だったので、味玉つけ麺を大盛で注文しました。

麺は浅草開花楼の太縮れ麺。六厘舎を一回り細くした感じ。量は並で240g、大盛はその1.5倍なので360gって所でしょうか。ちょうどいい茹で具合で美味しい麺です。

つけ汁はドロドロまで行かないまでも濃厚な豚骨魚介。ゴマが浮いてるのはちょっと変わってるかも。豚骨と魚のバランスはやや豚骨が強めで、マイルドな甘みを感じます。酸味は控えめだから結構あき易いかと思ったんですが、不思議と飽きない。最近流行の味ですが、ここのはかなり自分的にタイプです。また、ブツ切りにされたチャーシューなど、具も多く入っていました。味玉も美味しかったです。

「吉左右」の代わりに入った店ですが、代わりというのが失礼なほど美味かったです。吉左右が大行列なのにこっちがガラガラというのはちょっと納得がいきませんね。

「兎に角」と「とみ田」の位置関係でも思うんですが、豚骨魚介の名店がこんなに集中してるのは勿体無い・・・濃厚なラーメンが皆無な調布あたりにあればもっと大繁盛してると思うんですけどね。

つけ麺がこれだけレベルが高いと看板メニューの塩ラーメン、atomic saltyが俄然気になります。次こそは!