FC2ブログ
 

Ra-barugen

barugenのラーメン日記
[83pt] ラーメン(カラメ)(600円)


実に4ヶ月半ぶりに二郎。最近振られ続けだったので、思わず二郎の為に途中下車してしまいました。12時ごろの到着で待ちは3人ほど。

最近はあまり食えなくなったので、豚入りではなく普通のラーメンを注文。この後電車に乗るのでニンニクは抜きで、カラメ指定。カラメ指定は初めてなんですが、周りがしていたのでなんとなく。

しかしこのカラメ、結果的には正解だったかなと。タレが野菜の上から掛けられるので、いつもは味気ない茹で野菜に味が付いて食べやすい。豚が脂身多めだったのは少々残念だったけど、相変わらず美味しいと思う。途中食べるのが辛くなったので卓上のカレー粉を掛けて完食。

満足の一杯でした。
スポンサーサイト



[88pt] ラーメン(味・油・麺、全部普通)


前の店で非常に嫌な思いをしたので口直しも兼ねてこちらへ。東京農工大の近くにあり、通し営業が嬉しい店です。こちらは六角家の流れを汲む金八家で修行された方が出したお店です。元々郡山で営業されていたそうですが、今年になって東八道路沿いに越してこられました。以前、一度食べているんですが、非常に美味かった記憶があります。

前の店で結構食べてしまったので、ラーメンを並で注文。セッティングは全部普通で。

小さめの丼に茶濁スープ、そしてチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚。王道の家系スタイルです。麺はやや細めの酒井製麺。デフォルトで少し固めに茹で上げられてます。平ざるで巧みに湯切りをしているのが印象的でした。スープは実にクリーミーで美味い。東京だと、つばさ家@立川・武蔵境、千代作@高田馬場に近い味です。美味い。やや油が強いつばさ家に対して、よりスッキリしている印象があります。

また、こちらは学生証提示でライスor中盛りがサービスになります。学生の方はお試しアレ。
[20pt] 味玉ラーメン+チャーシュー丼


国分寺の紅葉の昼営業が日曜日のみとあって来てみたら臨時休業・・・最近運が無いです。代わりの店を探してこちらに到着。幸い通し営業のようです。食券機で味玉ラーメンとチャーシュー丼を購入。

リズミカルにラーメンを作っていく店主。完全にルーチンが体に染み付いてる感じです。

出されたラーメンはどこかで見たことあるような・・・?スープを飲んでみると、らっさ@柴崎にそっくり。というか、具の構成も全く同じで、何から何までそっくりです。チャーシューが異様に美味いのも同じ。姉妹店とかなんですかね。正直あまりタイプの味じゃなかったりするんですが・・・。

と、ここで店主が厨房で影になっている部分に引っ込んだ。何をするかと思いきやタバコを吸い始めた・・・。客ならまだしも店主が吸っちゃダメでしょ。しかも自分から2mも離れていないから、食べているところに煙がモロに来た。自分で作った味を自分で妨害するとか何を考えているんだろう。

一応全部食べましたが、まったく満足できない店でした。厨房を何だと思ってるんだか。20ptはチャーシューに対する点数です。
[85pt] 燻たまつけ麺大盛(850円)


前々から気になっていた「中華蕎麦とみ田」。ついに行ってみようと思い立って行ってみたんですが、なんとガスコンロ不調のため臨時休業。仕方ないので第二候補であるこちらへ。13時15分ごろの到着で、行列は店内に数人程度ですぐ座れました。

石神本で確かつけ麺が掲載されていたので、つけ麺に名物の燻製たまごをトッピングして注文。牛すじ飯も実に美味そうでしたが、ちょっと高いので諦める。

さて、結構待たされてつけ麺到着。つけ汁は濃厚そう。流行の魚介豚骨スープで、酸味と甘みは弱め。口当たりがよく、美味しいつけ汁です。ちょっと天神屋を思い出す味。

皿にてんこ盛りにされた麺はツヤツヤで見た目から美味そう。麺だけで食べてみると、柔らかくゆでられている感じではないのに、表面が柔らかい変わった食感。大盛で375gってことですが、もっと多めに感じました。

具はチャーシュー、メンマ、燻製たまご。燻たまはスモークの香りと黄身の甘みがマッチして美味しい。チャーシューは特に印象には残りませんでしたが、具にも全体的に細かい仕事を感じます。


結果的に振られてこちらの店になったんですが、こちらの店もかなり美味しかったです。「とみ田」も多分同じ系統ですが、こんなに近くにあったらパイを食い合いそう。でも石神本を見ると、お互いに好きな店として名前を挙げている。実は仲が良いんだろうか?

店を出る頃には長蛇の列ができてました。
[80pt] 半バラらーめん 大盛(850円+100円)


「そうだ二郎へ行こう」と思い立ち、11時半に府中二郎へ向かい出発するも「24日から再開します」。「ならば山賊へ行こう」と思い立つも、「24日まで夏休みです」。・・・盆の反動ってやつですね。

東八道路まで来たので、とりあえず武蔵境まで戻って「きら星」でも久々に行こうかと思ったんですが、小金井街道との交差点まで来て「あ、近くにまんぼう亭があるな」と思い出す。何度か通ってるものの、一度も食べたことが無かったので行ってみることにしました。

店は武蔵小金井駅から1km近く離れたマンションの1階部分にあります。店内はアットホームな雰囲気で、手書きのメニューが。白髪の店主さんも実にいい味を出している。ただ、値段設定は若干高め。悩んだ末「半バラらーめん」を注文しました。

半バラらーめんは「半」という名前ですが、良く煮込まれた(3日掛けているとか)バラ肉=角煮が1つ乗ります。普通のバラらーめんはこれが2つ乗るようで。バラ肉は2×3×5センチくらいあり、かなりのボリューム。箸で簡単に崩れるくらいの柔らかさです。脂身は少なかったんですが、もう少し多くてもいいかも。これで200円は中々納得なんですが、海苔とチャーシューが乗らないのは少々残念ですかね。

スープはかなり薄めですが、ダシの香るもの。近年のインパクト重視のラーメンとは対極にあるように感じます。最初に藍嶌を食べた時もこんな印象だったような覚えがあります。麺は柔らかめに茹でられた細縮れ麺でした。大盛にしても多分スープの量が変わらないので、味が薄いのはそれもあったのかもしれません。
[60pt] ラーメン+チャーシュー丼(小)


3年前、ちょっと嫌なことがあってそれ以来行ってなかった店。ただ、その時も味は悪くなかった気がした(でもスープがかなりしょっぱかった気がする)ので、久々に再訪してみました。

店は相変わらずかなりの狭さ。人が座ってると、その後ろを歩くのがやっとな感じです。水を取りに行くのも一苦労。店内も清潔とは程遠い感じ。とりあえずラーメンとチャーシュー丼を注文しました。

こちらではラーメンを出す直前にスープを小鍋に取って温めるという方法を取ってます。なんでもこれで味の劣化が防げるんだとか。スープを飲んでみると、あまり豚骨の風味がしないような・・・いわゆる博多風ではないです。またマー油と思しきものも掛けられてます。麺は加水率が高めの細麺。

具はチャーシュー、刻み海苔、もやし、ゆで卵。チャーシューは適度に油の乗った巻きバラで、こちらは美味しい。卵は味玉と思いきやゆで卵でした。

チャーシュー丼は脂身の少ない部分をタレとあえたものが乗ってます。ボリュームもあって中々良いですね。


前回来たときは結構豚骨の風味を感じたのですが、今回はほとんど感じられず。夏だからスープの出が悪いんでしょうか?店の雰囲気は好みが分かれるところですが、ラーメンは550円とかなり安いです。コストパフォーマンスとしては良いと思うんですが、自分的にはやはり苦手な雰囲気でしたね。そのうちまた忘れた頃に行ってみようと思います。
[79pt] 博多豚骨らーめん+チャーシュー丼


実に久々の更新。色々合って書く気が起きませんでしたが、再開してみます。

さて、群馬⇒東京への自転車旅なることをやっていたのですが、その途中で寄った店の紹介です。今回寄ったのは熊谷の「陣屋」。本当は「きくちひろき」に寄りたかったんですが、残念ながら閉店時間を過ぎていたためこちらへ。店は結構分かりづらい場所にありました。

店に入るとちょっと後悔。ものすごく居酒屋っぽい。居酒屋ということはタバコ吸い放題なわけで・・・。案の定被弾。

ラーメンは関東風のライト豚骨「陣屋らーめん」と、本場博多風の「博多豚骨らーめん」の2種類。今回は後者を注文しました。

丼が出されると凄い豚骨臭。店の前ではそれほど臭わなかったのに、ラーメン自体がこれほどの臭いとは。一口食べてみると、かなり濃厚な感じ。しかし、二口目になるとちょっと薄く。粘度のあるスープではありませんが、中々美味しいスープです。

具はネギ、ゴマ、キクラゲ、チャーシューが3枚。オーソドックスな感じです。チャーシューが3枚乗ってるのはお得感もあります。

チャーシューご飯は茶碗に一杯のご飯の上に、ラーメンより厚く切られたチャーシュー、マヨネーズが掛かっています。400円という値段にしては少々寂しい感じでした。
[80pt] かじべえラーメン+チャーシュー丼


誕生日ということで、ずっと気になっていた店に連れて行ってもらいました。この店は武蔵小金井にある旭川ラーメンの店、「まるしゅう」の弟子の店だそうです。「まるしゅう」には何度か行った事があるので、是非行ってみたいと思っていました。

店は国定駅から北に2kmほど、50号沿いにありました。土曜の昼時ということで結構込んでます。店の中は凄い活気。うるさいくらい(笑)何が売りであるか調べてくるのを忘れたので、とりあえず見せの名前がついている「かじべえラーメン(680円)」を注文してみました。しかし、「まるしゅう」はかなり値段設定が高めだった記憶があるんですが、こちらは中々良心的な値段設定です。

かじべえラーメンは濃厚味噌に野菜炒めが乗ったラーメンでした。野菜炒めは香ばしくいためられており、美味しい。麺は固めにゆでられた細縮れ麺。不思議な食感です。

親が普通の味噌ラーメンを頼んでたんですが、かじべえラーメンはそちらよりスープがより濃厚です。デフォルトで味玉が乗ってるのも良いですね。そして本店である「まるしゅう」が売りにしているチャーシューもきちんと味が受け継がれており、柔らかく美味しいチャーシューでした。

群馬味噌ラーメンに一石を投じる新店じゃないかと思います。あの味が伊勢崎で食べられるとは、時代も進んだものですね。
[77pt] カレーラーメン


本日は北関東のラーメンフリークの方々とのオフ。アフロ大佐さん、MASKさん、328GTbさん、そして自分という面子。森田屋は一度来て見たかったんですよね。自転車だと遠すぎるもので。

炎天下で待たされること20分ほどしてオープン。中は冷房が効きまくり。そしてラーメン屋らしからぬ内装でした。座敷広ッ!色々なメニューがありましたが、群馬でひそかにアツいと言われるカレーラーメンに挑戦。

カレーラーメン。デカい丼になみなみと注がれたスープと麺。これは・・・実にドカ盛りだ。並でここまでのものが出てくるとは思わず。麺はうどんのよう。どうやら普通の醤油スープの上から、別に作ったカレーをかけたスタイルのようです。しかし、カレーラーメンにありがちなことですが、カレーの味であまりスープの味が良く分からなく。美味い事は分かるんですが、最初は普通の醤油ラーメンを食べておくべきでした。

具はチャーシューが2枚と、メンマ、ネギ。チャーシューは脂身多めですが、美味しかったです。

うーむ、一杯で腹いっぱい。この後、連食とか言われたらどうしようかと思いましたが、ラーメンはここでおしまいでした。