FC2ブログ
 

Ra-barugen

barugenのラーメン日記
[82pt] 海苔玉らーめん(味濃い目)(860円)


噂は本当でした。

武蔵境の北口に、立川のつばさ家の支店が30日開店。情報を聞きつけたので早速いってきました。武蔵境駅の北口から徒歩4分ほど、武蔵境一丁目交差点の近くにあって、大通りに面しています。豚骨の臭いが割りとしているので、近くまでくれば分かるかと。

店内は変わったつくり。小さいながらもまとまっている立川に比べて、なんというか空間の無駄遣いというか、変にスペースが多いというか。机の配置も変だし。どういう意味があるんだろう。とりあえず前回と違うメニューを頼もうと思い、海苔トッピングを増やしてみました。

出されたラーメンは海苔の枚数がかなり多い。10枚くらい乗ってるんじゃなかろうか。+80円でこれをうれしいと捉えるべきか、多すぎると捉えるべきか・・・。とりあえずインパクトはあります。味については、立川の味をそのままもってきている感じ。クリーミーで美味しいです。卓上のジャスミン茶も健在。違うのは机の配置だけというわけでしょうか。開店二日目でこのレベルというのは素晴らしいと思いました。

つばさ家、美味いです。多摩の家系じゃ一番タイプですね。群馬の家系に近いというかなんというか。これからちょくちょく通うことになりそうです。
スポンサーサイト



[84pt] マンモスラーメン2(750円)


鹿島田でOB訪問。4月の初めで「ポクチン」が閉店するという情報を聞いていたため、せっかくなので近場の日吉によることに。日吉には友達が何人か居るものの、全員忙しいらしく会えなかった。

ポクチンは開店当時から日吉に住む友達に評判を聞いていたものの、2年近く来ることが出来ず。ずっと行きたかった店のひとつだったんですが、閉店間近ということで思い切って来て見ました。想像より狭い店内。ユニークなマンモスの看板が目印です。

何を注文しようか迷いましたが、一番お勧めらしい「マンモスラーメン2」にすることにしました。どんなメニューだかまったく調査せずに行ったので、どんなのが出てくるのか楽しみ。

目の前に出されたのは原始人が使っていそうな器。石焼ビビンバの器のようなもので、そこにこんもりと盛り付けられたラーメンと焼き石が入ってます。ほ~こりゃ見た目からインパクトが大きい。焼き石の上には肉味噌のようなものがのっており、これが焦げてかぐわしい香りを出しています。これは海老の香りですね。他には胡椒であえられたタマネギや、もやし。たっぷりと乗ったチャーシュー。どの具も美味しく、二郎的なジャンキーさというより、普通のラーメンとして美味しいと思います。二郎(インスパイア含む)は、食べることに集中してしまって味わう余裕がないんですけど、これは味わって食べたくなります。

麺の量は270gほど。通常の二郎と同等か少なめくらいなので余裕を持って食べられました。美味かったです。これで閉店しちゃうのは惜しい・・・。他のメニューもかなり多いみたいなので是非食べてみたいものです。復活してくることを願います。
[95pt] 細麺+味玉+チャーシュー飯(600円+100円+250円)


関西から帰ってきて一発目はこちら。というか関西じゃ新進亭以外にまともに美味しい飯を食べられなかったため、自分の中でいつ食べてもはずれがないこちらに行くことにしました。細麺に味玉とチャーシュー飯の定番メニュー。

やはり美味しい。これこそ自分の求める豚骨の理想の姿です。クリーミーかつ、多少の豚臭さが残ったスープに極細の麺。もはや考える前に手が動きます。美味い。

チャーシュー飯は以前多く入っていた鰹節が少なくなっている(消えている?)感じ。前のおかかご飯も割りと好きだったのでちょっとここは残念かな。

いつ来ても満足させてくれる店ってのはほんとありがたい。禁煙で通し営業だし。最高。
[78pt] 白味噌ラーメン+ミニ焼き飯(710円+330円)


京都へ旅行に来ました。ここでは思い出のラーメン屋さんがあります。

初めて京都に来たのは中学の修学旅行。旅行の計画を立てる中で、「昼飯はラーメンにしよう」ということになり、「出来るなら京都らしいラーメンに」ということで選ばれたのがこの白味噌ラーメンを出す新進亭でした。思えば「美味い」と評判のラーメン屋にいったのはこの時が初めてですね。そりゃーカルチャーショックを受けるほど美味いなぁと思ったものです。

そんな印象があったため、高校の修学旅行でもここへ行くことを提案しましたが、一人のわがままな班員のおかげで予定が遅れ、その時は行けませんでした。

あれから5年。7年ぶりの味を求めての再訪問。場所は忘れてしまっていたけど、おぼろげな記憶を頼りに何とかたどり着きました。店の様子は変わってませんね。ラーメン好きで有名なキアヌ・リーブスが来店した新聞記事がはってあったことくらいでしょうか。キアヌって恵比寿のどこかの店にも来てたよなぁ・・・ここを選ぶとは通だ。

そして注文はもちろん7年前と同じ白味噌ラーメンと焼き飯のセット。1040円かぁ・・・ちょっと高いかな。

白味噌ラーメン。炒めたもやしと上にチャーシューが数枚敷き詰められるビジュアルに中学生の自分は圧倒された覚えがあります。二郎を知った今となってはそうでもないのがちょっと悲しい。経験が増えていくというのは必ずしも良い事ではありませんね。スープは生姜が強めな白濁スープ。麺は細麺です。味噌で細麺ってのも中々珍しい。

焼き飯も香ばしくて美味しい。しかし京都の街中を巡ってみると、焼き飯をセットで出す店が多い。やっぱりこの当たりの名物なのかな。ただこの量で330円はちょっと高い気も。

総評。当時ほどの感動は残念ながらないかな。町のラーメン屋レベル+珍しい素材とその組み合わせ、という感じ。ただ5年間の悶々とした気持ちを清算できたことは良かった。また来るよ!
[84pt] 味玉らーめん(中盛)(830円)


中神で説明会。美豚の別業態の店があると聞いていたけど、どうやらなくなっているようだったので立川で美味そうな店を探すことに。どうやら家系で美味い店が北立川駅近くにあるということなので行ってみると・・・開店は5時半。この時点で4時半。一時間本屋で時間を潰してから再度行くと開いていた。店は狭いけれど全面禁煙です。家系の大盛はちょっとキツそうだったので、中盛に味玉をつけて注文しました。

スープは粘度こそ無いものの、程よく乳化していて見るからに美味そう。スープのみで飲んでみると、例の「謎の豚骨臭」も存在しない、実に家系の理想という感じのスープ。これで少しとろみがあれば完璧なんですが、そこはちょっと惜しいかなと。鶏油もスープの味を引き立てています。

麺は家系にしては太めのもの。割と硬めにゆでられてます。しかし自分が厨房を見ていた限り、麺とスープを混ぜる動作が無かったような・・・まぁ、絡みは悪くないのでOKといえばOKなのですが。

具は家系の王道といったところ。ほうれん草が多めに乗せられているのが嬉しいですね。チャーシューはまずまず。味玉は絶妙な半熟で美味しかったです。

カウンター上にはお茶があり、自分でそれを入れるようになってるんですが、これがジャスミン茶(が中心のブレンド茶)。家系の油っぽさをすっきりさせてくれていいですね。

千代作@高田馬場以来、久々に東京で自分にあっている家系を見つけた感じです。立川あたりでは家系のライバルも居ないので一人勝ち状態なのか、客も次々に入ってきました。また行きたいですね。

・・・そういえばどこかで、このつばさ家の支店が武蔵境に出来るとか聞いたんですが本当なんですかね。出来たら通っちゃいそうです。
[70pt] はしばラーメン(細麺)+味玉(600円+100円)


とんでんかんに行こうと思って自転車を走らせると、なにやら通り向かい側に「ラーメン」の登りと、花輪が。どうやらラーメン屋の新店のようです。折角なのでそちらにいくことに。店は本当にとんでんかんの通りを挟んで真ん前にあります。どうやら溝ノ口の広豚麺と関連店なのか、花輪が出ていました。

店に入り、食券を購入。ラーメンはどうやら家系風のものらしく、それにプラスして辛いラーメンがある様子。それぞれ太麺と細麺を選べるスタイルは百麺系列を彷彿とさせます。ラフテー(角煮)もあるようです。とりあえずメニューの一番左上にあった「はしばラーメン」に味玉をつけて注文しました。面白そうだったので細麺でオーダー。

出されたラーメンの見た目は家系風。違う点は海苔が2枚なこと、ネギが無いことくらいでしょうか。かなりシンプルなラーメンです。スープは見た目こってりしてそうですが、粘度はほとんどありません。中々豚骨の味は出てますが、私が度々出している「謎の豚骨風味」がするのが残念。この風味が無くなればかなり美味しくなる気はするのですが。細麺は可も無く不可もなくといったところ。味玉は向いの「とんでんかん」よろしく、かなり甘めの味付けでした。

現段階では、まだ「とんでんかん」の方が豚骨ラーメンの完成度としては上かもしれませんが、これからに期待のお店です。なぜか調布や稲城は家系の店がほとんど無いので頑張って欲しいですね。

※調べてみると広豚麺ってのは百麺の出身らしいですね。この店が広豚麺出身だとすればメニューが似てるのは当然のことかもしれません。
[60pt] 厚切り叉焼油そば+叉焼飯(800円+200円)


高尾山を登った帰りに適当なラーメン屋が見つからなかったので、通いなれたとんびへ。これまで食べたことが無い、限定の油そばを注文してみました。この日は珍しく満席。

「厚切り叉焼」と銘打ってるだけあって、二郎並のどでかい炙り叉焼がドドンと乗せられています。とりあえずよくかき混ぜて油そばを一口・・・んん?魚肉ソーセージの味がする?何かの風味と何かの風味が合わさったのかもしれませんが、魚肉ソーセージぽい、ちょっと生臭い香りが。うーむ、一つ一つの具は美味しいながら、ちょっとメインの油そばはイマイチでした。叉焼飯はいつもどおりのボリュームと美味しさ。

こちらの店では素直にラーメンかつけ麺をオススメします。
[58pt] 味玉つけそば(中盛)+肉餡かけ飯(800円+200円)


青山での説明会の帰りにこちらへ。京王線の出口にかなり近いところにあるんですな。博多天神あたりがかなり割を食ってそうな感じです。夕方ということもあり、並ばずに入店できました。どういったメニューがあるか全く情報を仕入れてこなかったので、味玉つけそばとサイドメニューのご飯モノを注文しました。

作っている様子を見ていると、この店では肉餡かけつけそばが一番の人気メニューのようで。麺の上に角煮がド迫力に乗っているところを見て、ちょっと失敗した感じ。

つけ汁はちょっと変わった味。何が変わっているのかは良くわかりませんが、食べたことの無い味がします。ただちょっと甘すぎるかな。入っている具はネギ、メンマ、チャーシューとシンプルで結構寂しい。

麺は300g程度。いつもの武蔵の麺っぽいですね。

肉餡かけごはんには、肉餡かけつけそばに乗っている肉が1個と、水菜が乗ってます。かなり期待して食べたんですが、この餡かけがかなり甘くてご飯とは合わないと思いました。うーん、つけそばに入れなかったのは考えてみると正解だったかも?ただでさえ甘いのに、その上この甘い餡かけはちょっときついかなと。

結構良い値段がする割りにあまり満足は出来ませんでした。武蔵ブランドが無いと生き残りも厳しいのではないかなと。
[67pt] 特製つけ麺大盛(950円)


銀座で会社説明会に出席後、銀座の店を探したもののどの店も昼休み中。仕方なく一駅足を伸ばして神田へ。前々から気になっていた大斗へいってみることにしました。美味そうなトンカツ屋が隣にありましたが、大斗を発見し入店。何も考えずに特製つけ麺の大盛を頼んだんですが・・・思い返してみればここは大勝軒系列でしたね。

案の定、てんこ盛りの麺。600gくらいでしょうか。かなり柔らかめにゆでられています。

つけ汁は普通のつけ麺にプラスしてチャーシューと味玉とメンマが増えているようです。味玉とメンマは中々美味しいんですが、チャーシューは好みのものではありませんでした。つけ汁は酸味が薄く(というかほとんどない)物足りなかったので酢を入れたかったんですが、卓上には無し。そこでニンニクを入れてみたんですが、これは失敗でした。全体的な味はそこそこといったところ。

朝から何も食べていなくて腹は減っていたけど、600gは無理で少し残してしまいました。ごめんなさい。
[84pt] 鮎○ゴトラーメン+焼きおにぎり(1000円+200円)


一週間前に振られた鮎ラーメン。また次の週もなんとなく溝ノ口まで来てしまったので、こちらにリベンジすることに。開店5分前に到着し、一番に入店し、鮎○ゴトラーメンと焼きおにぎりを注文しました。

鮎一匹ってのはやっぱり凄い迫力がありますね。てっきり丸焼きが乗っているのかと思ったんですが、開きになったものを焼いて、また閉じて乗せているようです。麺は極細の縮れ麺で、スープはとても良い香り。鮎の香ばしさも加わって、今まで食べたことの無い味でした。その奇抜なビジュアルから、とんだ一杯くわせものだったらどうしようかと思いましたが・・・美味いです。

食べ終わった後には焼きおにぎりをスープの中に投入して雑炊風に。これも美味しいです。

1200円は中々強気な価格ではありますけど、満足できました。あと、昼は高山ラーメンしかやっていないらしいので、鮎目当ての人は夜に行くようにしてください。
[65pt] 塩らーめん+ネギ+卵かけご飯(650円+150円+250円)


本日は神田で説明会。以前から気になっていたこちらへ行くことにしました。「つじ田」の脇道を入ったところにあります。ここも「とうかんや」の出身だそうで。「たきたろう」と2日連続で「とうかんや」系の店で食べることになりました。店に入ると灰皿・・・うーむ、禁煙じゃないのか。とうかんやは全面禁煙のはずなのに、弟子の店は禁煙じゃないところが多いみたいで。とりあえず食券機で塩にネギトッピング+卵かけご飯を注文しました。

まずは卵かけご飯が出されました。多めに盛られたご飯に卵、海苔。よもや250円もとるのに、本当にただの卵かけご飯とは・・・。薬味やら漬物くらいは付くと思ったので、まずがっかり。ただ卵はいい卵を使ってるようでした。

塩らーめん。とうかんや出身ということで香味油の風味を期待してたんですが、至って普通な感じの塩です。中田兄弟とかに似てるでしょうか。普通に美味いと思うんですが、これといったポイントもなく。具の構成はとうかんや系だけあって似てます。ネギはえらく大量に載ってきます。麺より多いかも知れません。

うーむ。変に期待しすぎたのがいけなかったのかもしれませんが、あまり満足は出来ませんでした。これなら「つじ田」の方が好きな感じですね。
[85pt] 塩らーめん+チャーシュー丼


「あおば」を大層気に入った友人が「他の塩も食べたい」というので、個人的に都内一押しのこちらへ。オープンと同時に入ったので、タバコを吸う客はいなく安心。いつもの塩らーめんとチャーシュー丼を注文しました。

塩らーめんが出てきてちょっとびっくり。麺が大分太くなってます。麺だけ食べてみると結構なコシがあります。中細であまり主張しない麺のほうが個人的には良かったですね。ここはスープが主役の店だと思っていたので。スープや具はいつもどおりでした。

美味しかったんですが、やっぱり麺が不満でした。以前の方が良かったですね。
[74pt] 釜揚げ麺+味玉(550円+50円)


本日は三鷹で会社説明会。ここ、麺杏の前を通るとなんと開いている。これまで2、3度来て開いてたことは一度も無かったのに。説明会の開始まで40分もあったので突撃。こちらは尾道ラーメンの店なんですが、珍しい釜揚げつけ麺をやってます。是非食べてみたいと前から思っていたので、釜揚げ麺を注文。なんと550円。安いなぁ。味玉も50円とサービス価格。

麺。釜揚げの名にふさわしく、水で〆ず、お湯につかって出てきます。軽く縮れた太麺で量は250g程度といったところ。

つけ汁。かなり甘めの味付けです。背油が浮いていて、それでいて肉の味が強いので「麺多」を思い出す。というより、麺多って実は尾道っぽいのかもしれない。

具はナルトが何故か2枚と、チャーシューの角切り、メンマ。550円にしては割と具沢山です。チャーシューも脂身が適度に入っており、美味しい。味玉は半熟で中々の出来栄え。ちなみに普通のつけ麺にすると600円で味玉つきになるようです。

スープ割り。器にスープをたっぷり入れて出してくれます。甘さは相変わらずですが、安心する味です。

つけ汁が甘すぎるのが残念ですが、釜揚げつけ麺面白いですね。他のメニューも食べてみたくなりました。しかし次やってるのはいつだろうなぁ・・・。次は全部入りに挑戦してみたいです。
[70pt] 油そば+ミニスタ丼(550円+350円)


バイト帰り、夕飯を作るのが面倒で入店。おっ。新しいメニューが出来てる。スタミナ丼・・・580円。高い・・・と思ったらミニもある。油そばに、このミニスタミナ丼をつけて注文しました。

油そばは相変わらずさっぱりしています。やっぱり宝華に似てる気がする。植物性油を使ってる感じがします。

スタ丼はいわゆる、多摩や高田馬場で展開してる「すた丼」グループの味に近い感じ。というかパクリ?辛めに味付けた豚肉に卵をかけたもの。腹にはたまりますが、味はそれほどでも。

スタ丼は期待したほどでは無かったですね。バイト帰りの定番になりつつあるので、美味しい丼モノだったらめっけものだと思ったんですが。ここは新メニューの開発に熱心なので、次に期待。
[82pt] らーめん+替え玉(580円+150円)


二子玉川までサイクリング。目的は鮎ラーメンだったんですが・・・スープ切れ終了。6時まで待てば出せるとのことでしたが、そんな時間まで待ってたら日が暮れてしまうので他の店を探すと行列を発見。博多濃麻呂・・・聞いたことがあるけど味はどんなだか知らないので入ってみることに。3時過ぎだというのに店内は満席でした。普通のらーめんを注文500円台というのは良いですね。

らーめんの見た目は表面に薄く油の膜が出来ており、濃厚そう。スープを飲んでみると、臭みは無いけど豚骨のダシは出ていて、中々。甘くない「一蘭」といった感じです。麺は極細で「とんでんかん」っぽい。割と個人的にはタイプの豚骨です。

替え玉もしてみる。しかし150円は高いですね。卓上にはショウガや高菜があります。ニンニククラッシャーもあったのでニンニク投入。うん、美味い。

鮎ラーメンに振られたのは残念でしたが、ここも中々の拾い物でした。美味しかったです。
[85pt] つけ麺+叉焼飯


焼肉屋が食べ放題をやっていなく、仕方なく友達とともにこちらへ。一年半前に食べてイマイチだったつけ麺ですが、友達によると「今は美味い」ということなのでこちらを注文しました。ちなみに改装工事がありましたけど、中は狭いままです。

つけ汁。一時の変なすっぱさはどこへやら。濃厚なスープが前面に出てきて、酸味・甘みは控えめで美味しいです。かなり良くなってるなぁ。

麺。割と細めの平打ち麺。こちらはもっと研究が必要かなといったところ。スープに負けてしまっている気がする。

具。炙りチャーシュー、メンマ、水菜、油揚げ。油揚げとチャーシューは炙ってあって美味しい。肉質も良いですね。

うーむ、成長著しいですね。一年半前に食べてしばらく行ってなかった事が悔やまれます。府中でもかなりお気に入りの1件になりました。同行した友達も満足していたようです。
[73pt] ねぎみそ大盛+味玉(750円+100円)


本日は飯田橋で説明会。終わると4時半。ちょうど歩いていけば「くるり」の夜の部オープン5時に間に合うということで、こちらへ。初訪問です。色々なランキングで上位にランクされているため、期待は高まります。オープン10分前に付いたんですが、既に並んでいる人が何人か。並んでる人たちは喫煙者が多すぎたのは辟易。

オープン後、一巡目で入れるものと思っていたらなんと店は6席しかなく、ちょうど自分の前で途切れてしまいました。うーん、行列が出来るのには味のほかの要因もありそうだ・・・。2巡目で入店し、ねぎみそと味玉を注文しました。腹が減っていたのでチャーシューを入れようと思ったんですが売り切れ。

評判の通り、スープはどろどろ。そこに平打ち麺が絡むのでスープの減りが早いです。豚骨の甘みが良く出たスープで美味い事は美味いんですが・・・価値観の変わるような味噌だという評判を各所で聞いていたのでちょっと肩透かし。上に乗っているネギにはラー油が掛けられています。味玉は半熟で中々美味しい。

途中でちょっと物足りなかったので卓上にあったカレー粉を投入。うーむ、あまり良い変化は無かったですね。

しかし私が2連続味噌ってのはかなり珍しい。でも個人的には十王の味噌の方が好きかな。さらに好きなのは大山家の味噌ですが。・・・なんか味噌に対する好みが変わってる気がしてきました。