FC2ブログ
 

Ra-barugen

barugenのラーメン日記
[86pt] 味玉らーめん()大盛+五穀米らいす


バイト帰りにこちらへ。そして今日も客は自分一人。寡黙な店主さんにいつものらーめんを注文しました。

数ヶ月前までのっぱさはなりを潜め、良い具合の味の濃さ。ダシの旨みも感じられ、非常に美味しい。チャーシューも出来が良く、これならば特製にすればよかったな。

最近近くに引っ越してきた「たけにぼ」の勢いに負けないよう、頑張って欲しいものです。
スポンサーサイト



[60pt] 太肉麺

前回、おらんくそばの付け合せのスープが美味しかったので今回は坦々麺スープではなく、普通のラーメンスープの品を注文。肉を食べたい気分だったので太肉麺を注文しました。

麺の上には野菜炒め(キャベツ・もやし)と太肉=角煮が乗っています。ただこの太肉、とても柔らかくて美味いんですが、変わったスパイスで味が付いていてそれがどうも合ってない感じが。

スープも動物系の味は出ているんですが、この間の付け合せのスープほどの美味さは無く。ちょっとそこがガッカリでしたね。まずくは無いとは思うんですが、良くも悪くも普通のラーメンという印象でした。
[80pt] つけ麺(平打ち)


きら星に行こうと思ったんですが、混んでるのでこちらへ。しかしこちらもほぼ満席。やはり寒い日はラーメン屋は混みますね。日曜だし。そんな中、つけ麺を注文しました。麺が選べるようになっていたので平打ち麺を選択。

平打ち麺は6~7mmほどの太さで、並でもかなりの量があるように感じられました。味はそこそこといったところ。普通の麺でも十分太いので個人的には普通の麺の方が好きです。

つけ汁は魚介の強く出た豚骨魚介のWスープ。濃厚で美味しいんですが、脂もその分多いのが玉にキズ。文蔵くらい洗練してくれると嬉しいんですけども。スープ割をすると一転、豚骨の味が前面に出てきます。スープ割をするとほうれん草を加えてくれるのも嬉しいですね。

安定して満足できる店です。ごちそうさまでした。
[78pt] 醤油+チャーシュー丼


今週は殆どラーメンを食べなくて、更新が出来ませんでした。とりあえずどこか面白い店は無いかな、と探すと大山家の手前に新しい店が出来たという。ほほう、江川亭出身か。となるとあまり期待できそうに無いですが、とりあえず行ってみました。

天文台通りの西野交差点を東に50m、SHOP99の手前にあります。店名は「ぶりきや」と読むようです。某群馬の豚骨チェーンに似てますね。なかなかわかりにくい立地ですが、客はそこそこはいってました。全面禁煙で食券制です。基本の醤油とチャーシュー丼を注文しました。

基本、スープは江川亭の味を踏襲してますが、いくぶんか洗練された印象。ニンニクを少なくしてあり、しつこさは控えめです。卓上にはニンニククラッシャーがあるので入れたい人は入れてくれということらしいです。ヒト欠片入れてみましたが、中々良かったです。麺は中細麺。

具は味玉半分、キクラゲ、もやし、ネギ、のり、チャーシュー。味玉は江川亭とは違いスライスされては居ませんでした。半熟で中々美味しい。チャーシューは江川亭の味そのままといった感じで美味しくないです。ここは踏襲して欲しくなかった。ただ、これだけ乗って550円というのはいいですね。

チャーシュー丼はチャーシューが四枚と白髪ネギ、味玉半分が乗ってます。チャーシュー自体が美味しくないのでアレですが、ボリュームはありました。400円はちょっと高いかな。

コストパフォーマンスは中々いいと思います。今時600~650円が素のラーメンの相場ですから、550円と言うのはかなり安く感じました。がんばって欲しいお店です。
[81pt] 塩らーめん+チャーシュー丼
PAP_0249.jpg

ついてない日はとことんついていないもので、本日のメインターゲットであった小金井二郎は無情にもシャッター。定休日でも営業時間外でも無いのに・・・。この時点で夜9時半。やっている店はあまり無く、その中でも禁煙の店というとこちらしかなかったのでこちらに伺いました。

ここは基本のラーメンが700円、味噌は何もトッピングせずに800円と高いのでちょっと敷居が高い感じです。味噌という気分では無かったので塩らーめんを注文しました。しかし特上みそ1300円・・・ちなり並だなぁ。折角なのでサイドメニューのチャーシュー丼も注文。400円はこの手の丼物としては結構高めな設定です。

旭川ラーメンの塩ということで割りとこってりした野菜の味が利いた塩が出てきました。こういう類の塩は好きではないのであまり期待せずに食べたんですが・・・これが意外に美味い。スープは鶏白湯ベースのトロリとしたもの。麺は中細の縮れ麺です。

そこに炒めた野菜とコーン、メンマ、チャーシューが二枚載ります。このチャーシューが美味い。ここ「まるしゅう」はチャーシュー工房なるチャーシューの専門店を他に持ってるんですが、それも納得できる味。美味い時の「たけにぼ」くらいの味です。これをコンスタントに出せるなら凄い。

サイドメニューのチャーシュー丼は炙ったチャーシューが三枚どどんと乗った一品。ただ、ラーメンのチャーシューとは部位が違うのが残念。このラーメンのチャーシューを炙ったら相当うまいと思ったんだけども。でも400円としては悪くは無いです。

正直期待しないで入ったんですが、中々の美味さ。コーンはあまり好きじゃないんですが、このラーメンだったらありな気もしました。次は金に余裕があるときに味噌を食べてみようと思います。
[79pt] チャーシュー麺
PAP_0226.jpg

まさかたった一ヶ月のスパンでこちらに来ることになるとは。20kmの道のりを自転車で疾走後に到着した長浜大学ラーメンは定休日。仕方ないのでこちらへ来ました。前回はつけ麺を食べたので今回はチャーシュー麺。

麺の上には5枚のチャーシューと味玉。+250円でチャーシュー4枚ですが、いずれも薄切りでちょっと物足りない。前回のレビューでチャーシューは美味しいと書いたんですが、今回はそこまで美味しくなく。スープは濃厚で、しばらく携帯を見ていたら膜が張ってしまったほど。麺との絡みは中々いいです。

うーん、しかしこれといって突出したものもない印象。悪くは無いんですが、やはり良くある感じという印象はぬぐえませんでした。
[90pt] 味玉つけ麺()大盛+五穀米らいす


一ヶ月ぶりの藍嶌。一時期は週1で行っていたのでかなり久しぶりな感じです。たけにぼの出現で客足はどうかちょっと心配でしたが、結構入っていたので安心。つけ麺と五穀米らいすを注文しました。

つけ麺と同時に、小皿が不意に出されてちょっと驚く。良く見るとそこに入っているのは柚子胡椒。以前はチューブで出してたのに小皿で出すようになったらしい。これは以前からそうして欲しいと思ってたので良い事だと思います。やっぱりチューブじゃ量は調節できても風情も何もあったもんじゃないですから。藍嶌は料亭っぽい雰囲気なのだからこういう演出も店の格調を保つためには続けて欲しいですね。

そして今日のスープの味。お、しょっぱくない。こういうのでいいんだよ、こういうので(某マンガより)。そしてチャーシューがいつもとちょっと違う。使う部位が変わったのか、ただ大きく切られただけなのか解りませんが、大きさが変わっていたのでちょっと驚きました。味はとても良かったです。味玉も絶妙の茹で加減でとても美味しい。

藍嶌は波がありますが、今日はとても美味しいところに当たったようで。大満足でした。
[68pt] らーめん+にぼしめし
PAP_0221.jpg

またこちらへ。らーめんと、ご飯ものである「にぼし飯」を注文しました。オペレーションは改善されているかと思いきや、まだまだ出てくるのが遅い。席に座ってから10分以上待たせるのはどうかなぁ・・・。

らーめん。スープはいつもどおりの煮干の香りの良いスープ。ただ、チャーシューが硬くて脂身の多い、非常に悪い部位でした。非常にシンプルな具しか乗ってないラーメンのため、これだけでかなり印象は悪かったです。

にぼしめしは、煮干で炊いたご飯。付け合せは柴漬けで、具は何も入っていません。なんのことはない、具なしの炊き込みご飯です。これで160円は高いですね。

うーん、やっぱり値段の高さが気になる。それで本当にうまいものを出してくれればいいんですが、いつみ屋@府中とかのコストパフォーマンスを見るとちょっと物足りなさが募ります。
[80pt] 炙りチャーシューカレーチーズラーメン


某DBにレビューがあがってるのを見て久々にあの炙りチャーシューが食べたくなってこちらへ。元々はカレー屋ですが、隣の隣が二郎でして対抗したのか去年ラーメンとつけ麺を始めたこの店。以前つけ麺を食べたんですが、カレー屋のものとは思えないほど完成度の高いつけ麺で驚きました。今回はラーメンの方に挑戦。今日はミニどん兵衛を食べただけなのでかなり空腹。麺大盛で注文しました。しかしこれがこの後後悔を生むことに・・・。

目の前にはまず皿が出される。あれ?カレーは注文してないのに・・・と思ったら、その上にスープがなみなみと入ったラーメンが。なるほど、汁がこぼれてもいいようにということですか。こんなのやってるのは田園調布の麺でると、一部の二郎系くらい。スープは油で覆われており、見るからに熱そう。

ここのラーメン、下からスープ、麺、野菜炒め、チーズの4層構造となっており、さらに炙りチャーシューと揚げ卵、刻み海苔が乗るという構成。その聳え立つ様子は、まさに二郎を彷彿とさせます・・・。炙りチャーシューははっきりいってかなり美味いです。この近辺では「きら星」「とんび」が炙りチャーシューを出してますが、ここが一番美味いんじゃないでしょうか。揚げ卵は中は半熟です。池袋の二天以来です、これを見るのは。刻み海苔はちょっと合いませんね。野菜炒めは二郎よろしくキャベツともやしです。

キャベツともやしを攻略するとやっと麺が現れます。量は250~300gといったところ。スープはさすがカレー専門店といったところですが、そこまでカレー一色というわけではなく、ちゃんと動物系のダシが効いてます。このスープにチーズは合わなくもないんですが、無くてもいいかな。

しかもこのメニュー、ラーメンだけで恐ろしい量なのに更にご飯がつきます。炙りチャーシューとスープで、スープカレー状にして食べると馬かったです。

結局、麺は全て食べきれずギブアップ。この寒いのに汗だくで帰り道を帰りました。ここ一年で麺を完食できなかったのは仙川二郎とここだけ。恐るべし、仙川。
[64pt] ラーメン並+キャベツ


久々に大山家。やっぱ通し営業ってのは有難い。普通のラーメンの並にキャベツをトッピングして注文しました。好みの指定は無し。

しかし家系ラーメンを食べるのは思えばかなり久しぶりだ・・・元より家系ラーメンは同じ店にずっと通うことが多かったので店舗数はさほど通っていない。いつ以来かと思って記録をたどってみたら最後に食べたのは玄武@池袋で1月2日。きちんとした家系の店なら去年の12月10日に六角家@東白楽で食べたのが最後。ほぼ一年ぶり。家系好きを自称してるのにこれじゃいけないなぁ・・・。

キャベツが思ったより量が多くて驚く。てっきりつけ麺に乗ってる程度くらいしか出てこないと思ってたんですが、上を覆いつくすように乗っていました。スープと共に一口・・うーむ、やっぱり個人的には家系のスープには生キャベツであってほしい。味噌だとこれもありかなーとは思うんですが、普通の豚骨醤油にボイルキャベツだと何か違うんですよね。そういう意味でキャベチャーは好きなんですが。キャベツは少し残してしまいました。スープはちょっと薄くなったような。元からこんなもんだったかな?それともキャベツの水分でしょうか。

久々の家系でしたが何とも納得の行かないものでした。次実家帰ったら浜っ子ラーメン@太田でキャベチャー食べよう、うん。
[66pt] もりそば(並)


わざわざ一時間以上掛けて行ったくにがみ屋が休み。定休日くらい決めておけ、と思いつつ代わりの店として通し営業のこちらへ。こちらは東池袋大勝軒系のお店です。確かここは禁煙じゃなかったよな…と思いつつ入ると完全禁煙との表示。良かった。4時ごろという半端な時間に行ったのに結構人は入ってます。ものすごく腹が減ってたんですが、大勝軒系で迂闊に大盛を頼むと酷いことになるので並のもりそばを注文しました。650円と本家より若干安め。

麺は大勝軒らしく柔らかめに茹でられたパスタ状の太麺。水切りは完全には行われておらず、下には水が少し溜まっています。並ですが多分350gくらいありますね。大盛にしなくてよかった・・・。麺の味はまずまず。

つけ汁は動物系がかなり薄めで一瞬「あれ、ここって永福町系?」と思ってしまいました。チャーシューも東池袋というよりは永福に近い感じですし。割と薄めの味付けです。ちょっと物足りなさを感じました。

具は肩ロースのチャーシュー、メンマ、なると、ネギ、ゆで卵半分。チャーシューは判は小さいものの中々の厚切りで美味しいです。

スープ割りはちょっと驚きました。なんともスープ割りらしくないスープ割というか。実家の雑煮の味に似た、スッキリとしたお吸い物のような感じです。割とぐいぐいと飲めました。

具が少なめで単調なので後半飽きてしまったのはマイナスですね。悪くは無いと思うんですが、突出していい面も見つからないというのが本音です。チャーシューは美味かったです。
[86pt] 味玉そば+叉焼ご飯
PAP_0112.jpg

一年ぶりの「とんび」。前回、つけ麺を食べて失敗した覚えがあったので今回は普通のラーメンを注文しました。+200円でセットに出来るようなので、叉焼ご飯をセットで注文。前回は無かったマンガが大量に買い揃えられていたので、せっかくなのでDEATH NOTE最終巻を読みながら待っていると、案外早く出てきました。

中華そばは、いかにも青葉インスパイア系といった雰囲気のスープに細麺を合わせたもの。柚子が浮いており、心地よい香りがします。豚骨魚介スープに細麺って実は中々珍しいんですが、よく合ってます。つけ麺の時に合った嫌な酸味もありませんし、濃厚で美味しいです。最初からこっちを頼めばよかった。

具は「とんびに油揚げさらわれた」という言葉に引っ掛けたであろう炙り油揚げ、そして七輪で焼いた叉焼、水菜、メンマが乗っています。叉焼は1センチはありませんが中々に肉厚で美味しいです。味玉は普通でした。

叉焼ご飯は大量の叉焼のぶつ切りと、油揚げの細切が乗っていて凄いボリューム。200円でこれは安い。

ここは大盛が無料なんですが、並盛+ご飯のセットで十分のボリュームがありますね。かなり満足させていただきました。また来たいと思います。
[80pt] チャーシュー麺(平打ち麺)


深大寺にあった「たけにぼ」が11月4日に調布駅東口に移転。家から近くなったので早速行ってみました。6時ごろの訪問でしたが席はほぼ満席で、すぐに全ての席が埋まりました。券売機は2台に増えていますが、新メニューは特になし。ただ、以前は注文できなかったの平打ち麺が選択出来るようになっていたので、チャーシューをトッピングして注文。大盛にしてもいないのに1050円。高い・・・。

移転したばかりということでオペレーションはまだまだ悪い。席数が増えたからかもしれませんが、かなり待たされている客が多い印象です。私は10分以上待たされました。この辺りは改善してほしいものです。

やっと出てきたラーメン。心なしか以前よりチャーシューが薄い気も。味は深大寺の味をキープしてますね。脂身は多いものの、美味しいチャーシューですただ、この厚さで1枚辺り100円はちょっと高いですな。そこは場所代が高くなったと言うことで来る皺寄せ?

味に関しては問題は無いですが、やっぱりオペレーションをなんとかして欲しいというのが今日の感想でした。
[79pt] 海老雲呑そば大盛+ライス
SA340028.jpg

4ヶ月ぶりの二代目けいすけ。PRIDEの鑑賞会で馬場に来たわけですが、試合が判定続きで終わったのが10時半。それでもまだやっていて、なおかつ禁煙なのが嬉しい。前回はつけ麺を食べたので今回は普通の海老そばに、ワンタンをトッピングして注文しました。

やはりまず目が行くのは独特の丼の形。口が斜めになっていてこちら側を向いています。蓮華もバカみたいにでかいです。群馬の良家も同じくらいでかかった気がしますが、若干こちらの方が大きいですね。スープは海老の油が多めに掛かっています。麺はヌードル風の平打ち麺。柑橘類の細切がさわやかな香りを添えています。

具としては山くらげ、鶏チャーシュー、糸唐辛子。ワンタンは一つ一つに海老が入っていて美味しいです。

全体的にオシャレで新しいラーメンなんですが、ちょっと海老の風味が強すぎるかなと感じました。そういった意味でこれくらいのポイントかなと。女性には非常に受けそうなラーメンだと思いました。
[70pt] マトヤ魚節そば


二日続けて来てしまいました。夜に近所でやっている店といえばここくらいだったから。タバコと酒が苦手な自分にとって、夜の麺酒場というのは多少勇気が必要でしたが、行ってみました。今日はとりあえず座敷に座ったわけですが、掘りごたつ式になってました。昨日は豚骨を食べたので、今日はダブルスープの魚節そばを注文しました。夜もセットはあるようですが、昼とは内容が違うようです。

豚骨とは違い、こちらは太麺の縮れ麺です。群馬ではなかなか見ないタイプの麺ですね。豚骨魚介に合わせるには良い麺だとは思います。スープの表面はかなり厚い油の層が張っており、そこに細かい節粉の浮いたもの。ダブルスープになることで弱まったものの、食べ始めはやはり苦味を感じます。油を多めにすることでそれを中和している感じですが、やはり違和感が。豚骨魚介のラーメンなら個人的には満帆の方が美味いと思います。

具はネギとブロック状のチャーシューに味玉と、白髪ネギ。味玉はやはりかなりのしょっぱさです。

このスープを飲む限り、魚介ダシはなかなかいい味が出ていそう。次に来る時には魚介ダシの田舎そばの方を試そうと思います。総合的には、700円という値段はちょっと高めに感じたことと、ありがちな味だったことでこのポイントとしました。とはいえ、まだまだ期待できる店ですね。
[78pt] マトヤ豚骨らぁ麺+スタミナまんま(Aセット)


今日は天気が良かったので玉村の玄に行こうと思ってたんですが、通り道のこちらを覗くと、なんと営業中。事前情報によると、夜営業のみの筈なのに・・・と思いつつ、そのまま入ってしまいました。聞いていた通り、店は半地下になっていて入り口に頭をぶつけそうになりました。店内は酒瓶が大量に並んでおり、居酒屋な雰囲気。店内には微かに豚骨臭。

メニューを見ると、ラーメンと丼もののランチセットがあるようだったので、豚骨らぁ麺とスタミナまんまを注文しました。「~まんま」という言い方といい、濃厚豚骨といい、なんか「だるま大使」っぽいですね。関係あるんだろうか。本来なら1050円のところ、880円は安くていいです。

目の前の丼を出されると、かなりの豚骨臭が立ち昇ってきました。これは期待大。見た目からも解るとおり、どろどろとしたスープは正に「豚骨」です。が、同時に恐ろしい苦味もあります。これがすべてを台無しにしてしまっているような・・・。魚のダシを煮詰めすぎると苦味が出るのは有名ですが、豚骨でもそういうことがあるのでしょうか。あと、ちょっとタレが薄いように感じました。麺は細く、よくスープを持ち上げてくれます。

具としては青ネギと、海苔、味玉半分とブロック状のチャーシューが少々。味玉は偉く味付けが濃く、薄めのタレとはミスマッチな感じ。チャーシューはブロック状とはいってもかなり小さいのが残念。味はまずまず。

サイドメニューのスタミナまんまはチャーシューと白髪ネギをごま油&醤油で和えたもの。家で作ったものとあまり変わらない味で、もう少し工夫がほしいかなと思いました。タレの量が少なく、ご飯に染みていないのでご飯が少し余ってしまうのもマイナス。もう一つの丼ものである牛すじまんまのほうが正解かもしれませんね。

高いポテンシャルは感じるものの、まだ色々と持て余している印象があります。何といってもあの苦味はちょっと痛いですね。買い物圏内でこういう豚骨が食べられる店が出来ただけで嬉しくはあるのですが、麺酒場的なコンセプトの店なので、タバコと酒が苦手な私にはちょっと敷居が高い面もあります。いずれにせよ、まだメニューはいくつもあるし、実家から近いので何度か通ってみたいと思っています。
[66pt] 刀削担々麺+ご飯もの(名前失念)


山手線が事故の影響で遅延したので、総武線に乗り換え秋葉原で下車。目的は活力屋だったんですが、臨時休業。がんこ八代目は営業時間外。じゃんがらは激混み。仕方ないので半年振りにこちらに伺いました。灰皿も無いので、割りと安心して食べられます。禁煙かまではわかりませんが。・・・最近こういうアジア系ラーメンを食べることが多いなぁ。

こちらの店は中国人の方による本格刀削麺が食べられます。実際に小麦粉が手裏剣のように飛んでいく様を見てるだけでなかなか面白いです。今日は一番安い基本の坦々麺と380円の丼モノを注文。

麺は前述の小麦粉を刀で削った刀削麺。うどんや、きしめんのような歯ごたえです。ぷるぷるしてます。その麺がスパイスの効いた辛いスープにどばどばっと。スープは酸味と辛味が強く、そこに香草が強烈な香りを添えてます。これがパクチーの香りという奴なんですね。藤巻激場で食べたときはセロリの香りだとばかり。うーん、ちょっと自分はパクチー苦手かも。次からは抜こう。

丼モノはご飯の上に味付けされたそぼろ肉が乗っており、生卵がセットで出されます。これをかけて食べるという趣向なんですが。前に来た時も思ったんですが、ここの店は肉が美味くないんですよね。あの強烈な個性のスープに入るとそうは感じないんですが、ご飯と一緒だと結構肉の臭みがきつい。前に食べたチャーシュー丼もえらく臭くて参った覚えがあります。

パクチーと肉の臭みでこのようなポイントです。でもたまには面白いですけどね、こういうのも。
[77pt] 魚濃出汁しお麺(塩)
PAP_0393.jpg

実に一年ぶり。半端に遠くて中々来られないんですよね、ここ。今年こそは「秋刀魚つみれラーメンを食べるぞ!」と思ってたんですが、運の悪いことに今日は入荷無し。しかも聞いてみると、今年は明日仕込む分で終わりと言うこと。明日から群馬に帰るから・・・来年か。それでは、ということでこの間ケンさんが美味いと言っていた塩味に挑戦。麺は太麺と細麺が選べるようですが、塩味ということで細麺をチョイス。

白濁の鶏白湯と思われるスープには焦がしネギやユズといった香味が振りかけられており、中々複雑な味わい。鶏油も使っているそうで、適度な重量感もあります。元々この店は安心して食べられる健康志向を打ち出している店のようなので、砂糖とか化学調味料など天然由来でないものは使ってないらしいです。ただ、スープは美味しいものの、麺との相性が悪い感じだったのは残念。これは太麺のほうがあうのかな。後から来た常連っぽい人も太麺で注文してましたしね。

具はチャーシュー、味玉半分、白キクラゲ、ネギ、メンマ、海苔。白キクラゲはかなりでかい塊のまま乗っており、ちょっと食べにくい。チャーシューは良い豚のようで脂身が美味いです。ネギは何故か切られていませんでした。

そして帰り際、ちょっと気になってたことについて聞いてみました。それは群馬で食べた「よいちつけ麺研究所」のこと。ここは合い盛つけ麺もあったり、具の種類と乗り方が同じだったりで、三歩のスタイルにそっくりだったんですよね。でもこの店から出た弟子の人はいないとか。全国的にも合い盛つけ麺てほとんどないはずなんですけどね。うーむ。

纏めると、麺とスープの相性が気になったのでこのくらいのポイントです。しかし返す返す、秋刀魚らーめんが食べられないのが残念だなぁ・・・。
[88pt] 長浜ラーメン+味玉
PAP_0392.jpg

久々のとんでんかん。三歩が今日の目的だったのだけど、開店時間まで1時間あったので通し営業のこちらに寄る事にしました。店に入ると客は居なくて店員さんもなんか偉く暇そう。

「スープが温まるまで5分ほど掛かるんですがいいですか?」
「ああ、はい。」

って、長浜ラーメンなのに寸胴の火を止めてたのかと(笑)でも今更出るわけにも行かないので、素直に待つ。10分程かかってやっと出てきました。いい加減だ・・・。

ところが。これが今までのとんでんかんには無いほど、今日は美味しかった。今までに食った豚骨の中で一番美味かったのではと思えるほど。適度に乳化されて、いつもよりは臭みも抑えられたスープ。一度火を止めていた効果なのか。さらに生ニンニクを潰して投入し、美味さアップ。あっという間に食べきってしまいました。

いつも店の奥でタバコ吸ってる不真面目な店員も今日は居なかったし、非常に気持ちよく食べることが出来ました。いつもこうだったらなぁ・・・。