FC2ブログ
 

Ra-barugen

barugenのラーメン日記
[74pt] メニュー名失念、大盛(900円)


バイト帰りの定番、そらまめ。また新メニューが出たので店員さんに聞いてみると「キムチチゲ風のラーメン」とのこと。しかし値段が900円とえらく強気。何か理由があるんだろうと思って注文しました。メニュー名は忘れてしまったんですが、相変わらず聞いたこともないような名称でした。

出てきたラーメンは真っ赤。キムチ、ネギ、ニラとチゲ風の具に、この店のウリの一つである太肉(角煮)が乗ってます。大盛にしたので麺もかなりのボリュームあり。坦々麺を主力商品にしている店だけ会って、辛い中にも美味さはありますね。ただちょっと麺は相変わらず微妙なわけですが。
スポンサーサイト



[70pt] 油そば+ミニスタ丼(550円+350円)


バイト帰り、夕飯を作るのが面倒で入店。おっ。新しいメニューが出来てる。スタミナ丼・・・580円。高い・・・と思ったらミニもある。油そばに、このミニスタミナ丼をつけて注文しました。

油そばは相変わらずさっぱりしています。やっぱり宝華に似てる気がする。植物性油を使ってる感じがします。

スタ丼はいわゆる、多摩や高田馬場で展開してる「すた丼」グループの味に近い感じ。というかパクリ?辛めに味付けた豚肉に卵をかけたもの。腹にはたまりますが、味はそれほどでも。

スタ丼は期待したほどでは無かったですね。バイト帰りの定番になりつつあるので、美味しい丼モノだったらめっけものだと思ったんですが。ここは新メニューの開発に熱心なので、次に期待。
[79pt] 油そば+味玉(550円+100円)


最近、バイト帰りの定番となっているこちら。先日食べ損ねた油そばを食べるために行きました。油そばはスープ付きで550円と、かなり安い。しかも学生サービスで大盛無料になるのも嬉しいです。

油そばは、宝華@東小金井のそれに近い感じで、あっさり目。具はメンマ、カイワレ、ネギ。チャーシューがないのはちょっと寂しいですが、値段が安いのでしょうがないかな。麺は中細で他のメニューと共通です。自家製のラー油を掛けると味が締まりますね。

そして友達が美味いといってたのが、この付け合せのスープに油そばをつけて食べるというもの。塩気は薄いものの、濃度は十分にあるので試して見ました。やはり味は薄いけれど、中々面白い味に。これって石神氏の言うところのWテイストって奴になるんですかね。

550円で結構満足できました。
[71pt] 2年1組(大盛)+ミニチャーシュー丼(750円+250円)


PRIDE男祭りの前に、大宮駅で下車して腹ごしらえ。大晦日にやっている店は少なく、そんな中でやってたのがここ。禁煙かどうかわかりませんでしたが、突撃。基本のこってり醤油(1組)に、味玉を加えました。味玉を加えると学年が一つあがって「2年1組」となるようです。大盛無料だったので、大盛で。チャーシュー丼を加えて注文しました。

店の中は「教室」と呼ばれるテーブル席とカウンター席に分かれていて、カウンターのみ禁煙。ただ、席の配置がカウンターを囲むようにテーブル席があるため、思いっきり被弾。良くない店のつくりです。分煙にするならするで徹底していただきたい。

らーめんは「創作」を歌いながらもどこか懐かしい味。こってりを名乗っていますが、今のラーメン界ではあっさりに属する味かなと思います。多少、背脂が浮いてる程度でした。そこにネギ、メンマ、炙りチャーシュー。炙りチャーシューは薄いながらも美味しかったです。

チャーシュー丼はチャーシューの量が少なくて残念。ボリュームはそれなりにありましたが。

全体的に見て平凡的な味でしたが、安心できる味でよかったと思います。とりあえず分煙にするならするで徹底してくださいというのが個人的感想。

大晦日の分で新年の挨拶をするのもアレですが、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
[70pt] タパスそば(650円)


最近、千歳烏山に支店が出来たらしい、こちら「そらまめ」。藍嶌が既に閉まっていたので、こちらへ。珍しいメニューがあったのでこちらを注文してみました。「油そば」「おらんくそば」に続く、そらまめ油そばシリーズの最新作らしい、こちらの「タスパそば」。恐らくパスタのパロディという意味なのでしょう。

具としてはネギ・紫蘇というこの店定番の具に、蒸し鶏・三つ葉・そしてトマトが乗ります。油そばのタレはニンニクが強めに出たもの。とりあえず良く混ぜてから食べてみました。ゲテモノ系と思いきや、割と悪くは無いです。素晴らしく美味い!という程ではないですが、そこそこイケます。トマトの違和感も思ったほどありませんでした。こちらのメニューに付け合せのスープがつけば更に嬉しいんだけれども。

実は普通の油そばをまだ食べたことがないので、今度はそちらを行ってみようかなと。
[60pt] 太肉麺

前回、おらんくそばの付け合せのスープが美味しかったので今回は坦々麺スープではなく、普通のラーメンスープの品を注文。肉を食べたい気分だったので太肉麺を注文しました。

麺の上には野菜炒め(キャベツ・もやし)と太肉=角煮が乗っています。ただこの太肉、とても柔らかくて美味いんですが、変わったスパイスで味が付いていてそれがどうも合ってない感じが。

スープも動物系の味は出ているんですが、この間の付け合せのスープほどの美味さは無く。ちょっとそこがガッカリでしたね。まずくは無いとは思うんですが、良くも悪くも普通のラーメンという印象でした。
[82pt] おらんくそば+ミニマーボー丼
PAP_0391.jpg

今日は知人のたけるさんが調布に来られると言うので、久々にこちらへ。調布では割と有名な担々麺の店です。最近、東村山の方にも支店が出来たとか。

前回、ここに来たときは汁無しの担々麺を食べたんですが、メニュー名を失念。非常に引っかかってたんですが、今日やっとメニュー名を見れました。「おらんくそば」・・・こりゃ思い出せないはずだ。由来が何なのかもわかりません。ググっても「くそばばあ」ばっかり引っかかって困ります(笑)どうやら「おらんく」は高知弁で「自分の家」という意味らしいですが。なんでそれが汁無し担々麺なのかは不明です。

加水率低めの麺にタレと肉味噌を絡めて食べるスタイル。最初から半生の卵が付いており、これも混ぜると辛さがマイルドになります。「辛ウマ」ですね。結構辛いため、味覚が麻痺してわからなかったんですが、何かの細切りが乗ってます。多分山芋か大根。ここは毎度思うけど、麺がもう少し美味かったら凄く美味しいと思うんですけどね。一応自家製麺らしいですが。

それと、前回は付かなかったのに今回は付け合せのスープが。これが動物系のダシがしっかりと効き、乳化したスープで非常に美味しい。みの麺多のスープ割りと似た感じ。ここのラーメンは確かもう3年近く前に一度食べたはずなんですが、こんなスープだったかなぁ。このスープでラーメンが食べられるなら次はラーメンを食べてみたいですね。

サイドメニューとしてミニマーボー丼を注文したんですが、ミニにしては十分すぎる大きさ。山椒の効いたピリ辛マーボー丼です。

「おらんくそば」は名前から内容が想像できないので注文する人も少ないみたいですが、隠れた美味メニューです。汁無し担々麺って珍しいので、一度試してみるのもいいと思います。